上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あれよあれよと急ピッチで話が進んだ。 だもんだから、所々ちょっと付いて行けてなかったりする。

ということだけれど、なになに? 守護騎士が復活したかと思えば、 はやてが変身、目が青い。 それはいいとして、 暴走を始めた防御システムに総攻撃と来て、それを宇宙空間にテレポートさせ、 闇の書に匹敵するパワーを持つアルカンシェルの一撃で終わった…と安堵した矢先にはやてが意識不明。 どーしたの、はやてっ。 どーなってんの、はやてっ。

にしても、かっこよく再登場した守護騎士。 消えた時はどーなるかと気にしてたんだけど、皆無事でよかった。
けれど、どーやって、戻って来たんだろう。 いまいちわかんない。

ちなみに、思わず(?)はやてに抱きつき声を上げて泣くヴィータ。 よっぽど不安だったんだろうか、 まるで迷子になってた子供が母親を見つけて泣きだすが如く。 がかわいいのなんのって。
スポンサーサイト
玉 砕 ・ ・ ・

亡くしたチャールズとゲッコー号に戻ったレントンを偲ぶかのように 唯一整えられた三人分の食卓を除く ありとあらゆるものが散在する白鳥号の中で座り込んでいるレイ。 そこで彼女は、昔、もう子供を産めないという過酷な診断を下された病院で、 それでもプロポーズしてくれたチャールズから貰った指輪を眺め微笑んでいた。
レイが子供を産めなくなった原因はどうやらエウレカが起こしたセブンスウェルの光を浴びた所為のよう。 だからレイはエウレカを憎んでいるのだろう。

チャールズの死は自分の所為だと自責の念にとらわれるレントン。 その心内をエウレカに話す。 ニルバーシュのところへ行こう、とエウレカがレントンを誘う。 前回勝手に動き出したニルバーシュは壁にもたれかかるように鎮座していた。
ニルバーシュを前にどうしていいのか分からないと悩むエウレカ。 疲れているのだろうから少し眠ったほうがいいのかもしれないとレントン。 眠れないというエウレカ。 自分もそうだとレントン。 なんだか和やか…。
ヒルダにポタージュを作ってもらおうとか、ミーシャにクスリを調合してもらおうとか、 レントンは表面的には意外に冷静で、いつもの落ち込むだけの鬱状態と格段違って、 以前あったようなタルホの一喝も不要どころか、 エウレカを案じ優しく気遣うところが成長したのかな、という雰囲気でした。

レイは単身でゲッコー号に立ち向かう…というか、最終的には特攻して玉砕を計る。
凄いよ、レイ。 失敗したとは言え、 ひとりでゲッコー号に致命的ではないにしろ多大な(?)被害を与えることと、 そしてホランドに瀕死の重体(?)を負わせることに成功したんだから。

レントンが攻撃を止めるようレイの説得を試みていた時、 彼は自分がチャールズとレイの息子になっていたら、 エウレカやニルバーシュのことを話さなければ チャールズは死なずにすんだのか、 そうすれば、自分は彼女達を幸せに出来たのか、 と、自分を責めるかのように誰にも答えられないだろう疑問をレイに問いかける。
レイが求めていた家族を作れなくなったのはエウレカの所為。 短い間でも息子の様に思っていたレントンがゲッコー号に戻ったのはエウレカの為。
人の死、チャールズの死が取り返しの付かないことだとしても、 その事実を受け止めなければいけないことでも、 それでも、仮定的な質問を問わずにいれなかったレントンと、 愛する人と未来を失い、エウレカを想うレントンの語る全てに 逆上せざるを得なかったレイに、 刺さるような痛みをちょっと心に感じてしまいました。

やってくれたよ、また。 お花畑で今にも唄い出しそうな二人に全身全霊で脱力。 クロムにカールスの記憶を移植、の説明とお花畑で舞う二人は 全然一致してないじゃないかよ。


反政府分子となった旧友カールスとその協力者についての軍の調査の間、 しばし休暇を取り学園を離れることとなったエマ先生。 列車の中でアゲートの人知を超えた能力が彼の頭をもたげた。 アゲートにある特殊能力に、それは人造兵だからじゃないかと疑問に思うエマ。 けれど、自分は無力である、と、そこから思考が先に及ぶのを意図的に止めた。

なんか抜けてる。 「アゲートが人造兵である可能性がある」という旨から 「自分は何も出来ない」に至るになんか抜けてる。
アゲートが人造兵だとして、それがどうなのか。 アゲートは人権を失うということなのか。 だから、自分は何も出来ないということなのか。 ついでに、これはやっぱ人造兵人権確立運動がメインなのか。

カールスが死んだ街を一切合切破壊するクロム達。 そして、エマの父親が有する人造兵の研究所へやって来た。
クロムは、休暇中で父親を尋ねて来ていたエマに会う。 初対面のはずなのにクロムはエマを知っていた。 そして、その理由がお花畑、ということ。

クロムくん1話以来だ。 カールスがいないとキャラが違うっぽい。 怒ってるからか、憮然としているというか、 1話で見せた様な可愛らしさが余りない。

ちなみに眼帯してる子、なんか参謀っぽくてイイ感じ。 というか、カールス側というかクロム側の方が いいキャラ揃ってない? 眼帯の子もそうだけど、 一言も喋らない三つ子みたいな子達とか。
ついでに言えば、 こっち側の方が沢山アクションがあって目に楽しい。

幻のもち米を用いた、 シャドーの揚げゴぱんベーグルを試食したピエロ。 カンパネルラと銀河鉄道に乗って、五万人の母親で成立つ星へと辿り着いた。
宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」を原文んで読んでいたモナコ女王、メーテル。 999の方とあわせてネタになってました。

一方東の方は、大麻ミルク、大麻の油、大麻黄粉と大麻づくしの、 そして、焼いて、揚げて、また焼くというドーナツ。
それを食ったらピエロはちゃんと天国へ行き、 父親のモナコ王に会えるのだろうか。

ゴぱんでピエロは母親に会ったので、 今度は東のドーナツで父親に多分会えるだろう。
そして、天国にいるモナコ王をこの世に連れ戻すっていう展開か。

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。