上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、集中力低下で、ペースダウンしてます、うちのブログ。

デヴィッド達に置いてけぼりを食らったカイとリク。 クレジットカードとパスポートはあるけど、 右も左も分からない異国に放置されて、殺生な話です。
とりあえずは小夜を探すことにしたようですが…んーーー、頑張って下さい。

さて、ベトナム(だっけ?)の全寮制のお嬢様学校に転入した小夜。 お喋りだけど気さくなルームメート、ミンと仲良くなる。

小夜、ハジが庭師をやっているのを発見。 に、似合わない。 けれど、生徒達にはかっこいいと好評。 ハジは言い伝えられているファントム―黒髪の生徒に青い薔薇を捧げ、 その生徒をどこかへ連れて行ってしまう―と生徒達に誤解されている。

日本の空港でアルジャーノと会ったあの中国人っぽい男性、フェイオン(?)が そのお嬢様学校の理事長として再度登場。

夜、寮の部屋から塔の最上階で不審な光を目撃した小夜は、そこへ向かった。 辿り着けば、いきなり何者かに襲われる。 手が義手だった。 日本の空港でアルジャーノと握手をしなかったフェイオンだろう。

フェイオン=ファントムで、 噂にあるファントムに攫われ、生徒が行方不明になるという話は、 なまじ事実で、その原因はフェイオンにあるのかもしれない。 D-67を作り出している様子だし、なんらかの実験に攫った生徒を使っているのだろう。

スポンサーサイト
ジョージ追悼の回。 と、新たなる進展への幕開け(?)

親父さんの死を聞きメッチャ凹んでしまうリク、船の(?)一室にこもってしまった。 カイは小夜とリクを頼むと言われたことを胸にか、 そんなリクを慰めようとルイスと共にメシを持ってドアの前からリクに話しかける。

小夜は小夜で、いくら翼手化していたとはいえ、 血は繋がってなくとも、父を自分の手で殺したことで、また凹んでいた。 が、親父さんに過去を受け入れろと死に際に言われたことを思い、 小夜はハジのところへ己の過去を尋ねに行った。

ハジに自分の太刀筋を学ぶ小夜。 過去を聞きに行って剣技を教えられるとはこれ如何に。 ハジ曰く、それが過去へ繋がる道だとか、 翼手と戦うことが答えとなるだとか。

昔、4人で海に行った時のことをドアの外からリクに話始めるカイ。 米粒でバラバラになった本をくっつけた親父が、形あるものはいつか壊れるけれど、 諦めないでなおす(?)みたいなことを云った時の話等などを話す。

威勢の良い掛け声を耳に甲板で突然振り出した通り雨の中剣を手に舞う小夜を目にするリク。
雨は止み、個室の窓から見下ろすリクに、「私、頑張る。 皆が笑って明日をむかえられるように」と、小夜。 リクに届いたか。

なんだかんだとやった後、 親父さんとの思い出や言葉を胸に、三人は再び家族としてやっていこうと決意(?)した。

デヴィッドとジュリアは、 D-67の情報を求め、ヤンバルから持ち帰ったデータ解析を始める。 が、それに関する記録はなし。

ヤンバルの事件現場に立つ岡村記者。 伝えられた事故原因に疑いを持つ。 実際違うし。
後輩と共にソーキソバ(?)を食っている所、 ヤンバルで黄色い防護服を着た人達の存在を口にするおじさんに出会う。

何故かゴミ処理場に来ていた岡村記者。 別のおじさんにその防護服のことを尋ねる。 見た、とな。 しかし、その用途は不明。
ふと、ゴミ処理場に幾つものワインボトルが捨てられていることに気付く岡村記者。

一方で、デヴィッドとジュリアも、ヤンバルとボルドーワインに繋がりを見出し、 それがどこから来たのかを知る。 フランスからベトナムの業者を通じて、とのこと。 その他云々。

岡村記者が足を使って情報を得ているのに対し、デヴィッドとジュリアは データ解析で時をほぼ同じにして同様の情報を得ている。
記者と云えど、努力さえしたら一般人が手に入れられる情報ってのは、どーなんでしょう。
書いてるうちに必要以上に長々となってしまったので、書き直し。

EDで出てくるジョージと小夜、カイ、リクの四人で写っている写真をみて、 少し、目がうるうるしてしまったよ。

今回は親父の死を境に小夜が自分の正体、過去を受け入れ、 暴走するでなく、護りたい人を護るが為、覚醒(?)するという話。

ついでに、翼手の開発理由の謎についても少し触れられていた…かな?

でも一番印象に残ったのは、 リクとカイが、親父さんが戻って来たら、また、いつも通り、平和な暮らしが出来るだろう、 と言ってたその矢先に、 小夜が親父さんを小夜自身の手で葬ることになってしまったというシーンでしょうか。

これって短すぎですか…?

中休み的でしたが、キャラの心情(特にカイ)を見せる回だったのかな。

ジョージの連れ去れた場所が判明。 ヤンバルという秘密裏に翼手を扱う米軍施設にいた。
そこで、デヴィッドそして小夜とハジが、ジョージの奪還に動き出すことになった。 自分も行く、とカイ。 が、即座に却下された。
それでも諦め切れないカイはデヴィッドの「教育」という形で、 自分が無力だとその身に叩き込まれる。 悔しがるカイ。

相手が人知を越える相手だけに、ただの人であるカイが腕を交えるには無謀というもの。
けれど、家族を護ろうと必死に頑張ってるカイが何も出来ないと思い知らされたシーンは見ていて辛かった。 カイの身を案じてのことだろうけど、小夜にまで、来るなと言われた時も。

アルジャーノとかいう飴の男によれば、どうやら、翼手の逃亡は米軍の手落ちからなったとか。 そして、あれは武器として米軍に寄越されたみたい。 あんまウェルカムじゃなさそうだけど、 アルジャーノは一応アフターケアという形で米軍にくっついている様子。


それにしても、あの翼手はDNAの実験か何かで作り出されたものなのか。 それとも、既に生存していたものを捕獲してそれを武器化されたものなのか。 いつからそれは存在していたのだろう。

小夜がベトナムで暴走したという過去の事件を鑑みると その頃には既に翼手は存在していたことになる…とはかぎらない、けれど、 そう考えると、研究はその頃から行われていたんだろう…か。
逃げ出したマウス(翼手)は二匹ということだったけど、 フォレストが突然翼手になっていたということは、 フォレストは逃げ出した翼手に感染したということだろうか、 それともフォレストはいつの間にか米軍で実験対象になっていたということなんだろうか。

色々考えると、ジョージが心配。 最後の方で研究施設内でマウスが出て来てたこともあるし、大丈夫なんだろか、親父さん。
翼手に重症の傷を負わされたジョージ。 生きてたのね。 ということで、小夜とカイの付き添いのもと一般病院に担ぎ込まれた。
しかし、カイはジョージの治療が終わるのを待たずに、 何も出来なかったという悔しさと怒りと共に病院を飛び出した。

自分さえいなけらば…と、病院で落ち込む小夜。
え゛、いや、小夜がいなきゃ、もっと酷いことになってんじゃねーの? 誰が暴走した翼手を殺るのさ。
ともかく、そこへカイがジョージのコルトを持ち出したとリクから知らされ、 彼が仇を討ちにフォレストを殺るつもりだと察し、リクと共にカイを探しに行く小夜。
…熱い奴。 でも、太刀打ち出来ないって。

カイに続きフォレストの行方を探す小夜とリク。 突然、複数の声が小夜の耳に鳴り響く。 そして、リクにも。
リクは小夜の義弟のはずなのに、どうして彼に 小夜と同じ様な能力(症状?)があったのだろう。

フォレストの彼女であるレイミを尾行してフォレストが潜んでいるであろう倉庫に辿り着くカイ。 悲鳴が聞こえ、カイが倉庫の中に入ると、 そこにはレイミの血を吸う翼手化したフォレストがいた。

小夜の前に現れるハジ。 カイを思いどうすればいいのか尋ねると、 ハジは己の異形な手にナイフを走らせ、そこから流れ出る血を差し出す。 その血を口に含むと小夜の目は赤く染まり、そして、二人は翼手の待つ倉庫へと飛び立った。

フォレストにコルトを連発するカイ。 その攻撃は焼け石に水が如く全く効かず。 やられるっ、という時、間一髪で小夜とハジが登場。
ハジから受け取った刀にし己の血を注ぎ(?)小夜は翼手化したフォレストを一太刀で殺った。
覚醒が解けた小夜は地面に膝まづき涙を落とした。 そして、 カイは今回も自分が無力だったことを悔しがった。
これ、カイが小夜の能力を持っていたらよかったねぇ。 そうしたら、護りたい小夜(家族)を護れるのに。

現場に駆けつけたデヴィッドはジュリアから電話越しにジョージが「奴等」に攫われたと聞く。
そいつらは翼手をマウスと呼びそれを探している奴等だろうか。 怪しいよ、あいつら。 どーなるの、ジョージ。

飴の男達によれば逃げ出したマウス(翼手)は二体だけということなので、 これで当分は静かになる…という訳ではなさそう?
ジュリアとデヴィッドの病院での会話では、 翼手から攻撃を受けたジョージに感染の懼れを案じていたけれど、 ということは、ジョージも翼手化して、人の血を吸う化物になる可能性があるということだろうか。 それからフォレストに血を吸われたレイミも。

ジョージのことは驚きますが、それにしても、 ハジは本当に何処からでも湧いて出ますなぁ…。

先生が翼手に殺されたこと。 生物室で翼手と戦ったこと。 病院で最終兵器だと言われてたこと。
自分の身に降りかかった衝撃的(?)な出来事の数々に、 たとえ周囲が徐々に平静を取り戻してきていようとも、 小夜は何事もなかったかのような振舞いは出来ずにいた。

下校途中の小夜。 デヴィットから彼女の引渡しの催促をされているジョージが 迎えに来ていた。 「見せたい物がある」と、クルマを走らせ やって来たのは宮城家の墓。 つまりジョージと目覚めたばかりの小夜が出会った場所。

そこで、ジョージは、 昔ベトナム戦争に行っていたこと、 事故で妻と娘を失ったこと、 カイやリク達を養子として引き取ったこと、 目覚めた小夜を娘とし育てると決意したこと、 等など、自分の過去を話す。

デヴィットが待つ店(家)に戻ったジョージと小夜。
そして、ありがたくもデヴィットは視聴者に分かりやすく、 人の血を吸う翼手のことや、 小夜がそれに対抗出来る切り札であること等を 話してくれた。

唐突に、フォレストというジョージの知り合いが 店のドアをくぐり現れた。 しかし、「助けてくれ」と様子が変だ。
思った通り、フォレストは人らしからぬ変形を遂げ、小夜達に襲い掛かって来た。
そこへ神出鬼没のハジ登場。 戦って、と小夜に刀を渡す。
刀は受け取ったものの、出来ない、と戦いを拒む小夜。
代わりにジョージがその刀を取り、翼手に向かっていくが、 その圧倒的な力に彼は深手の傷を負い地に臥した。
駆けつけた小夜の眼には地面に広がりを増し滲んでゆくジョージの血が…。


眠っていたから小夜は記憶がない…というトリックでしたか。
って、いうか、ちょっと待って、 ジョージはベトナム戦争で小夜を預かったと言ってましたが、 何年前の話ですか。 ベトナム戦争は1960(昭和35)年~1975(昭和50)年とあります。
そんな大昔に引き取られた小夜のあの若さはなんですか。 普通の人とは違うというのは分かりますが、どういう仕組みんなってんでしょう。 小夜はあれ以上成長しないんでしょうか。 吸血鬼が不老不死なように。
ハジに渡された刀を手にし、小夜は襲い掛かってきた化物(翼手)を斬殺。 刀を持ち返り血を浴びた小夜に目を剥くカイ。 小夜は驚くカイを見て、窓ガラスに己を映し、動揺、そして気絶。
これはヒロインだから気絶ってわけじゃないだろうさ。 例えば、窓(鏡)に映る自分が別人のように、しかも、禍々しく映っていたら、こりゃ、 もう、丑三つ時に幽霊みるような気分だろうし、気絶だってするさ。

で、気絶したまま病院に運ばれた小夜は、 翌日には元気になったということで、服を着替えて病室を出た。 そしてそこで、院内の待合室にいる親父とディビットの会話を聞いてしまう。 その内容は、小夜は「奴等」に対抗できるたったひとつの兵器であるということや その他諸々。 最終兵器彼女かっ。 まあ、ともかく、小夜はショックを受け、病院を飛び出した。

海辺で波を眺める小夜。 そこにチェロ(?)の音と共にハジが湧いて出た。
彼女はハジに、自分が、そして、彼が何なのか問い詰める。 対し、ハジは「再び、茨の道を歩く覚悟があるのであれば」と答えた。

そこへ、小夜を心配するカイがやって来る。 ハジを見るなり無性に怒りを覚えたのか、アドレナリン急上昇のカイはハジに殴りかかる。 しかし、振るう拳は全く当たらず、それどころか逆に倒されてしまう。

二人の喧嘩(?)を止めに入った小夜にハジは「あなたが今それを望むのであれば」 (つか、よく聞き取れなかった、もうすこし滑舌よく喋ってください)と言い、再び姿を眩ました。
急に消えたり現れたり、もしかして、ハジは時空とか亜空間とか超える様な能力でもあんの?

ちなみに、話のどこかで、ハジと小夜似の女性の写真が出て来てたけど… その女性は小夜と同一人物なんだろうか。 小夜の失った過去の記憶に関係しているのだろうか。 小夜の過去はどんな過去だったのだろうか。

ところで、「魔法の言葉」はカイが小夜を慰める為に言った「なんくるないさぁ」のようです?
にしても、あんな現実離れした出来事が小夜の身に起こっても、 小夜のそばに居て力になろうとしてくれるカイは中々カッコイイですな。 お陰で小夜も独りで悩まずにすむってもんさ。
とりあえず、血がどぴゃぁって感じで描写がエグイ。 でも、期待出来そうなアニメなので、 そんな描写うんぬんで諦める訳にはいかない。

陸上部所属の普通の高校生活をおくる、音無小夜は一年以上前の記憶がない。
ある日、小夜は(病院から)家に帰る途中に街中でハジの弾くチェロを耳にし、 何かの記憶の様なものが頭に浮かんだ。 が、それはすぐに消え、気持ちを入れ替え自宅へと向かった。
一旦帰ったはいいが、学校に靴を忘れたことに気付き、小夜はそれを取りに夜だというのに学校へ戻る。
夜なもんで当然閉まっている門を乗り越え、学校にやってきた小夜。 そこへ闇夜の中に再び姿を現したのがハジ。 短刀(?)を取りだし彼女に向かってくる。
恐れ逃げる小夜。 すると、バッタリと宿直の先生に会い、多少は安心するのだが、先生が突如現れた化物に殺られた。
そこへまたまた登場したハジは、小夜と共に理科室へと逃げ込み、 彼女にキスをする。 そして、誰のだろう、血が小夜の口から流れた。
その途端、彼女はチェロを聴いていた時に見た同じ光景が頭に浮かんだのだった。

んで? これからどーなるの。 と、いうところで終わり。 こりゃ来週も見るしかない。
ちなみに、最後に小夜の口からあごに伝った血は、やっぱハジの血だろうな。 そんでもって、小夜が覚醒されるということらしい。
にしても、そもそもハジって何者? あの悪魔のようなグロイ手は何? つか、これって吸血鬼関係…とか?
予備知識なしだからなんか疑問ばっか。

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。