上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんだなんだと、これまたあっという間。 しかも、涙を誘うところがそこかしこ。

闇の書に取り込まれたフェイト。 目が覚めると自分が生まれる前に死んだ筈のアリシアが隣で眠っていた。 そして、食卓には優しい母が…

かつて、母親の愛情を求めんが為、 どんなに虐待され続けていても言うことを聞き続けたフェイト。 そのことを思うと、フェイトが闇の書で見たその時は正に夢のようだったに違いない。 そこにいればフェイトはずっと求めていたが手に入らなかった筈の愛情や幸せを得られる… けれども、それは偽りの幸せ。

外でなのはと戦っている闇の書。 その内側で闇の書と向き合うはやてもまた夢へと誘われていた。 健康な体、ヴォルケンリッター達との幸せな日々、と、 望めば叶うが、それは夢の中だけなのか。

闇の書は防御プログラムの暴走でいずれ自分が彼女を殺してしまうことに哀しみの念を感じている。 だから夢の中だけでも主に幸せな時を過ごして欲しいと願っていたのか。

しかし、それは夢。 眠りに落ちることなく、はやては闇の書の暴走を止めようと 外で戦っている「その子」、防御プログラムを闇の書本体から切り離した。 そして、それが走っていると管理者権限が使えないといい、 なのはに「その子」を止めてくれ、と頼む。
ここでまたまた正体露呈。 お互いの名前を呼び合うなのはとはやて。

わかりやすく、と、ユーノは、魔力ダメージで防御プログラムをぶっ飛ばせと、 なのはに本当にわかりやすく言う。
レイジングハート・エクセリオンバスターで闇の書と戦うなのは。

内側でははやては闇の書に名前を授け、するといつの間にか管理者権限使用が可能になる。 けれども、防御プログラムの暴走は止まらないという。 「まあ、なんとかしよう」となんともお気楽なはやて。

夢にいたフェイトの方は、アリシアにさよならを告げ、 闇の書の内からの脱出に成功。


今回は、三位一体? 闇の書と外で戦うなのは、闇の書の夢に落ちたフェイト、 闇の書自身と掛け合うはやて、とそれぞれの視点でそれぞれの話がすすみ、 最後で合流、クライマックスをむかえるという感じだったんでしょうか。 見ごたえありました。
スポンサーサイト
仮面の戦士達、男と思ったら全然っ。 リーゼ姉妹じゃないの。 見破ったのが弟子のクロノとは皮肉なものです。
としても、リーゼ達に悪意があったわけではなく、「闇の書」永久封印を目的に動いていて、 そして、彼女達を指示していたのがグレアム提督。 これまた驚き。

その封印方法は、「闇の書」が暴走を始める前に、その転生機能を無効にするため、 「闇の書」を主ごと凍結させて次元の狭間か氷結世界に閉じ込める、というもの。 罪人でもない現在の主、はやてはどうなる、と、提督の計画に反対し、 そして、提督のプランの不完全性を指摘するクロノ。
対し、提督は、己の計画を断念したのか、 切り札らしき「氷結の杖」をクロノに手渡した。

それはそれで大変なことだけれども、個人的にはユーノが、えと…なんて言うんでしょう、 あれ、バインド? ともかく、戦いに少し貢献したことがそれ以上に驚いた。 地味なユーノを応援する側としてはうれしい限りです。

「闇の書」と戦うなのはとフェイト。 どうやら、「闇の書」は「闇の書」と呼ばれることに不服のよう。 なのはが「闇の書さん」と呼びかけたことに少し悲しそうでした。 っつーても、ずっと涙を流し続けている闇の書は最初っから悲しい顔なんですけど…。

一般市民、って、全く大変なところに迷い込んだものです、すずかとアリサ。
なのはとフェイトの正体が彼女達に露見しちゃった。 なんかこーゆーのっていいノリ。


暴走する前の「闇の書」は主の願いを叶えようとしているみたい。 ということは、ヴォルケンリッター達が言っていたように、 その間に、願いさえすれば、はやては自分の病気を治してもらうことも可能だという訳? 後は暴走を阻止出来れば、まるく収まるのかも…。 頑張れ、なのは。

けれども、ヴォルケンリッターは? 彼等は「闇の書」に吸収されて消えた訳だけれど復活出来るの? きっと大団円になるのだろうと思うけれど、その辺は、どう復活なるのか気になります。
驚きの連続、次から次へと起こる事態にあっという間の30分でした。

入院中のはやてにクリスマスプレゼントを渡しに来たなのは達、 驚かすために内緒で来たのが仇となり、 意外(でもないか)な所でヴォルケンリッター達と再会というか鉢合わせっ。

これは視聴者がというより、登場人物が驚いた、だけど。 こちらとしてはこうなることを今か今かと待っていたので、満たされた感じ、だったり…。

なのはがヴィータにあと一押しで真実を告げれる、と思えば、仮面の男がっ。 しかも二人もっ。

ヴォルケンリッターの魔力を使いあれよあれよという間に闇の書を完成させちまったっ。 ヴィータとザフィーラを置いて消えたシグナムとシャマル。 ヴィータも消えたと思ったら、残ってた。

仮面の男達が装う偽なのはと偽フェイトがはやてを(精神的な)闇へと追い込んで、 ちょっと、誰っ? はやてが全くの別人にっ。 闇の書の人としての具現化?

ちなみに、闇の書は悲しみを原動力にしている? 涙を流す闇の書はその巨大な力を以って何を成す気か…
無限図書でその情報を地道に探るユーノくんに拍手喝采。

では、ユーノ曰く(殆どそのまま引用)、

闇の書の正式名称は「夜天の魔道書」で、 その本来の目的は、各地の偉大な魔道師の技術を蒐集して、 研究するために作られた「主と共に旅する魔道書」だった。

破壊の力を揮うようになったのは歴代の持ち主の誰かがプログラムを改変したから。 その改変の所為で、旅をする機能と破損したデータを修復する機能が暴走している。

持ち主に対する性質の変化。 一定期間蒐集がないと持ち主自身の魔力や資質を侵食しはじめる。 完成したら無差別破壊の為に持ち主の魔力を際限なく使わせる。 これまでの主は皆完成してすぐに…

なに、完成してすぐに、何? 死ぬってか?

ということは、今、 ヴォルケンリッター達が涙ぐましい努力で闇の書の蒐集していることは全くの徒労? 完成したその果てにはやての死が待っているって、誰か早く彼等に教えないとっ。
とは言っても何もしなきゃしないで、やっぱはやては死ぬ(?)よね…。 じわじわ死ぬか一気に死ぬかの二者択一しかないの? 無情。

更にユーノ曰く、闇の書の停止や封印方法の資料はまだ見つかっておらず。 完成前の停止は多分難しい。 何故なら、闇の書が真の主であると認識した人間でないと システムの管理者権限を使用できない、つまり、プログラムは停止や改変が出来ない。 無理に外部からの操作をしようとすれば、主を吸収して転生しちゃうシステムも入ってる。 故に、闇の書の永久封印は不可能と言われている。

とかなんとか。 で、思ったのですが、ありえない能力の仮面の男。 フェイトのリンカーコアを奪ったりしてますが、 闇の書の完成を望んでいる様子なので、 実は闇の書の停止又は封印を試みる者だったりするのでは? と、 都合よく考えてみる。

さて、その闇の書の主、はやて、ですが、 闇の書に体を蝕まれ続けて、病状は悪化の一途を辿っていた。 ついに病院に運びこまれて、医者から入院を要請される。

はやての入院の知らせを聞いて、友達であるすずかはなのは達を同行して見舞いに行くことに。
なのは達と一緒に取った写真と一緒にシャマルにそのことをメールで伝えたすずか。 シャマル、まさか対戦相手(?)がはやての間接的友達だったことに驚いてました。 けれど、こっちは、バッタリ対面? とかを期待していたんですが違ったみたい。

ところで、最後、ヴォルケンリッター達が闇の書完成の為に必死に戦う姿に心打たれました。 とくにヴィータが…。
前回(……というか、見落としました、公式サイトに感謝)、 ヴォルケンリッター達が闇の書を蒐集している所以は、やはりと言えど、感動的。 ただひとつの願いを叶える為、それは、はやてを蝕む闇の書により齎された病気を治すためだった。

さて…7話感想。

理由はさて置き、見入ってしまいます、戦闘シーン。
今回もフェイト vs シグナム、 アルフ vs ザフィーラ、なのは vs ヴィータの戦いが繰り広げられた。 やっぱりなのは達がやや押している。

そして一対一の戦いに横槍をいれるのが趣味なのか、神出鬼没の仮面の騎士(?)参上。 ただ闇の書を完成させたい様子の彼は戦いの最中、ヴィータ及びシグナムに危機迫る時、 正義の味方が如く疾風の様に現れ、ヴォルケンリッター達に加担した。 更に、フェイトのリンカーコアを奪ってしまう。
なのはの次はフェイトか。 これでフェイトはしばらく戦えないことになった。 ということは殆ど互角だったバランスが崩れた。

縁の下の力持ち的存在のユーノの方は、クロノに頼まれ無限書庫で地味に探しもの。 何を探してんだっけ? 闇の書を巡る情報? っつーても、色々ありそう。 細かく言えば、闇の書を封印する為の武器もしくは技術とか?

いや、けれど、クロノとリーゼの会話によると、 アルカンシェル(?)という闇の書の力に匹敵する大出力が出せる一応の方法もあるみたい。 けれど周辺への被害が大きすぎるとのことなので、別の方法を模索? その為にユーノは無限書庫で缶詰状態? ユーノ、つくづく可哀想だよ…。

次回、はやてと友達のすずかが同じくなのはの友達だとヴォルケンリッター達に知れる…?
少しずつスピードアップして来てんのかな。 今回のアルフとザフィーラの戦いでもヴォルケンリッター達の なしていることは主であるはやては何も知らない等の会話があったし。

クロノ側の捕獲結界の中、 新たにカートリッジシステムを搭載した レイジングハート・エクセリオンと バルディッシュ・アサルト と共になのはとフェイトはヴォルケンリッターと対峙。
そして、なのは vs ヴィータ、フェイト vs シグナム、アルフ vs ザフィーラの熱い戦闘が繰り広げられる。
今回の戦いでは、前回の押され気味だった戦いと違い、 なのは達がヴォルケンリッター達をやや上回っていた。

その間、結界の外と中で闇の書の主を探すクロノとユーノ。
はたして、闇の書は結界の外でシャマルが手にしていた。 闇の書を使ってヴィータ達を助けようとしていたところ、 逮捕を目的に武装解除と連行を求めるクロノが参上する。 そこへ謎の仮面の男がクロノを攻撃。
その隙にシャマルは闇の書の魔力を使って結界を破り、 結界内のヴォルケンリッターの三人と共に逃走。

家に帰ったシャマル達。 すずかの家にいたはやてへ帰宅の遅延を詫びる謝罪の電話を入れる。 全然気にしていないはやて。 心が広い。 もしかして、気にしてもらって逆に感謝してたりして。


闇の書は純粋に破壊の為にあるようです。
それを承知の上でヴォルケンリッターは闇の書を完成させようとしているんでしょうか。 それは直接的にか間接的にかではやての足を回復させる為なんでしょうか。
今回のタイトルにある小さな願いがそれなんでしょうか。 それについては次回に少なくとも関連したなにかが明らかになりそうですが。
ということは、なのは達とヴォルケンリッター達との話合いが確立されるってことかな。 そうじゃなくとも、そろそろ視聴者には理由が明らかになってもいい頃合いだと思うんですが…まだ早いかな?
そう言えばクロノを邪魔した仮面の男は誰なんでしょう。 見た感じ、どちらの味方という訳じゃなさそうですが、 悪い奴とも思えない。
疑問が増えた回でした。

ところで、ちなみに、ユーノ君、今回いてもいなくてもよかったんじゃないの? なのは達を護るのはアルフだけで充分そうだったし。 いや~、見るにしのびないよ、ユーノ。
けれど、仮面の男が出て来たことで、クロノに対して仮面の男、ユーノに対してシャマルという具合で、 以後は出番もあるかな? シャマルとユーノ、雰囲気似てるし。 関係ないか。

やっぱりどうみてもヴォルケンリッター達は悪者という対象には見えない。 フェイトもそう感じ取っていて、

「強い意志で自分を固めてちゃうと、周りの言葉って中々入ってこないから」

と、かつての自分を彼等に見ているようです。 で、

「言葉を伝えるのに戦って勝つことが必要なら、それなら、迷わずに戦える気がするんだ」

と、闇雲に戦いを否定せず、

「なのはが教えてくれたんだよ、そんな強い心」

と、なのはがそうやって自分に言葉を伝える為に戦ってくれたことに感謝しつつ、 そんななのはから学んで自分も強くなると明言するフェイトがいじらしくもあり、 小学生なのになんてしっかりした考えを持っているんだと感心してしまいます。


カートリッジ式用ディバイスを組み込んだレイジングハートとバルディッシュ、 レイジンハート・エクセリオンとバルディッシュ・アサルトに変名されてました。 音的にバルディッシュの方が殺傷能力高そう。 次週どんな戦いを見せてくれるのでしょう。
けれど、なのはのリンカーコアは完治したのでしょうか。 冒頭ではまだだったようですが…。

今回は前回の血わき肉踊る戦闘シーンと違ってゆーっくりな話でした。


時空管理局で改めて再会を果たすフェイトとなのは。 見詰め合う二人は相思相愛のカップルのようで、他人の入る隙もなさそう…。 なのはに心寄せている感じのあるユーノ君がなんだかどうにも憐れです。 ユーノ君はなのはの世界ではフェレットだし、 なのは的にはきっとただのペット同然なんだろな…。orz
でも、これは恋愛話というよりも友情うんぬんの話っぽいので関係ないか。

なのはの近所にセーフハウス(?)を構える時空管理局のアースラの面々。 なのはと同じ小学校に入学することとなったフェイト。 ということは、今後繰り広げられる話の本舞台はなのは家の近辺なのか。

闇の書について。 時空管理局的には 全ページが埋まるとよからぬことが起こるらしいけど それが如何な現象になるのかハッキリ言及されてない。
けれど、ミッドチルダ式の魔法を使うなのは達とは異なり、 ベルカ式魔道師である敵さん達にとって、闇の書を完成させることが (少なくともヴィータには)自由を得る手だてのよう。

これは両方が正当性を持つ戦いになる可能性ありですか?
それとも敵さん達は後ろで操る誰かに 闇の書を完成させれば自由にしてやるという交換条件で 動いているのでしょうか。 いや…黒幕うんぬんな話は既存か。

1話、2話を見たのですが、なんだか続編のよう。
どうやら…違うかもしれないけれど、なのはとフェイトは元々敵同士だった? それが戦いを通じて仲良くなったっぽい。
そこに新たな敵登場ということなのでしょうか。
色んな方向に広がるような魔法手段…?や、 キャラそれぞれが安易に思いつく平凡な魔法スティックじゃなく、 武器らしい武器を使って戦うバトルが中々よかった。
そして、敵も極悪非道という感じがそれほどなく、 好きになれそうなキャラなので、 とりあえず、見ていこう…と思う。

他の新着アニメはどうしよう…。 SoltyReiとか、 ガンパレード・オーケストラとか、CLUSTER EDGEとか、 ARIA The ANIMATIONとか…

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。