上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最終回の勢いに圧倒されて、 正直、よくわかりませんでした。

さて・・・

太陽の翼の生まれ変わりである 複合生命体アクエリオンによって生命の樹が受粉するはずだったのに、 受粉どころか、枯れゆく。 星の深くに根をはる生命の樹が枯れることは滅びを意味し、 それ故に地殻変動が始まった。

一万二千年前では人と、 そして堕天翅であるアポロニアスがいてこそ成り立った創聖合体。 堕天翅がいなければ真の合体にはならずと知ったトーマは 麗華のベクターに強制テレポート。

けれど、それだけでは完全にはならず。 人と堕天翅が手をあわせて 闇から光を生み出すことが出来る(?)らしいということで、 シルビアはベクターに搭乗する アポロ(アポロニアスの生まれ変わり)、 シリウス(セリアンのもうひとりの生まれ変わり)、 堕天翅のトーマを繋ぐことで 真の創聖合体へと導いた。

アポロとシルビアは一万二千年後に再び会おうと約束し、 無限合體拳で地殻変動に歯止めをかけ、そして修復。 三人の命を以って星は救われた(?)



アポロニアスとセリアンは一万二千年毎に恋をするようですが、 それはどこか七夕のおり姫とひこ星の関係に似ている。 しかし、彼等は既に出来上がったカップルですが、 アポロニアスとセリアンの場合、出会ってからまた なんだかんだとあって最終的にカップル成立したかと思えば、 それで「さよなら」? 不完全燃焼な関係に思えるのは気の所為か。

って、そんな下世話なことは別にいいか。

最終話は、よくわからなくはあったけれども、 最初から通して考えれば、 笑いあり涙(?)ありで気が付いたら惹きこまれていたアニメでした。

スポンサーサイト

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。