上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サービスはいいとして、今回よかったよっ。 シャナの心の動きとか、エンディングの入り方とかが。


普段ならトーチの前で着替えても平気なはずなのに、 坂井の前では恥らいを覚えたり、 体育の授業で無理難題を押し付ける先生をただ単に殴るつもりが、 先生を陥れる策を思いついた坂井の「蹴りだぁぁっ」の一言で、 蹴りに変えてしまったり、と 気がつけば坂井をトーチという物として見る事が出来なくなっていて、 無闇に意識してしまうシャナ。
それで調子を崩したんだね、シャナ? 同じフレームヘイズのマージョリーとの縄張り争いの戦いで敗北?

見て下さいと言わんばかりの着替えシーンに 目のやり場を失うほど。 避けて通れませんでした。 大サービスじゃないですか。

にしても、今回のシャナは、まるで幼馴染に突然恋心を抱き始めた 少女のようでした。

一方、坂井。 よかった、別にウザくない。 それどころか、 体育の授業で力尽きた女の子を庇って先生に抗議したりしちゃって 回を追うごとに坂井の株が徐々に上がってきています。

しかし、坂井の言動は学級委員のような正義の味方気取り。 それがたまに裏目に出たりもしますが、 大体は、こーゆー子って「行動力がある」とか 「やさしい」とか言われてモテたりすんですよね。 いや、皮肉じゃなく…。
で、それにシャナが嫉妬を覚えたりする… という方向に進んでくれたらいいな。 個人的にそういうベタな展開は嫌いじゃないんで。
スポンサーサイト

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。