上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レイの死がまだ尾を引いている。 身が入らなかった。

レイが命がけで計画を阻止したと思っていたら、 それがたった47分で修復可能だと知り、 悔しさか怒りか、感情を露にするジョシュア。 温厚な彼が珍しい。 といっても兄の死が犬死なのかもしれないと思えばしょうがない。

最初は荒れていたジョシュアだけれど、 個室に隔離(?)されながら、 兄が命を賭けて稼いだ47分を無駄には出来ないと、 計画を阻止する算段を考える。

ジョシュアを助けにカルメン達が動き出す。
基地内に潜入したユキコ。 敵に捕まりそうになっていた時、 ジョシュアが現れ、自分で組み立てたスタンガンで敵を気絶させた。
逃げようというユキコに自分にはやることがある、とジョシュア。

眠り姫カルロスお目覚め! エルドラ5のエネルギーが尽きたと思いきや、 いつの間にか説明書を読んでいたカルロスが非常復旧用システムを作動させる。
ヒーローとしてまだまだ健在。 再び敵と戦うことにしたエルドラメンバー。
やられたと思われていたプリシラもエルドラ爺さん同様、戦いに復帰。 正面突破で基地に乗り込む二機。

宇宙から戻って来たヴァン、当然が如く待ち構えるサウダーデと戦闘。 ミハエルぅ~? なんだ、てめぇ、全然戦いたい相手じゃない。 もう思いっきりミハエルをやっつける。

カギ爪と対峙するヴァン。 レイのことを聞き、自分は奴ほど優しくない、と言う。 けれども、どういう業(?)、身動きが取れない。 そんなところ、カギ爪が、 ヴァンの婚約者を生き返らせると、妙なことを言い出した。

約束どおり基地のエンタランスにやって来たウェンディ。 そこで出くわした兄、ミハエルに望まざるも銃を向ける。
そういや、兄の行く道が正しいかどうか、 見定める、って感じのこと言ってたっけ、ウェンディ。

そうそう、カルメン。 彼女は故郷を滅ぼした花がいくつも咲く部屋でファサリナと戦闘中。
ファサリナの素直さに嫉妬している、とカルメン。 憎むべきは自分にある、と故郷を持たないファサリナ。 これもある意味嫉妬? けど、ファサリナって素直? 思ってもみなかったよ。
スポンサーサイト
尸魂界潜入編もそろそろ幕引き近し? とんとん拍子で進んで行った気がします。

愛染の自身の正体暴露中、突然現れた狛村。 無理矢理付け足したかのように東仙との回想を挟んで、 一瞬とはいわないけれど、かなりチャキチャキやられた。

浦原の残した書物を参考に作った技術らしきを使ってルキアの中の崩玉を取り出す愛染。 そんな簡単に出来るのなら、 まどろっこしいことしてないでとっとと摘出してればよかったでないかい。

崩玉を抜き取ったルキアをギンに殺すよう命する愛染。 射殺せなかった、神鎗。 ルキアの義兄、白哉がなにも語らず、けれど、身を呈して神鎗を止めた。 ルキアの処刑が尸魂界全体の意志ではなかったと発覚し、 やっと安心して(?)ルキアを助けられると思ったんでしょうか。

なんだか大漁だ。 空鶴をはじめ次々と現れる助っ人達。 愛染は夜一と砕蜂に捕まり、事態をのほほんと窺っていたギンは松本に。
してやったり、なんて思っていたら、そうは問屋が卸さない。 愛染はギン、東仙と共に、 久方ぶり登場の大虚(メノスグランデ)が待つ虚圏(ウェコムンド)に通ずる天上の穴へと消えていった。 別れ惜し気に松本に謝るギン、なんだか切なかった。

愛染達の去った後、負傷者の治療で活躍する四番隊。
そんな中、重症とおぼしき白哉がルキアを呼び、 ルキアの姉であるひさねの話を始めて口にする。
白哉は、死に別れた妻、ひさねと交わした、ルキアを守るという約束と、 重罪を犯したルキアの処刑遂行という掟(?)を守ること、 その二つの間で悩んでいたとちょっと言い訳っぽい告白した。 言い訳でもいい、白夜かっこいいから。
あれよあれよと急ピッチで話が進んだ。 だもんだから、所々ちょっと付いて行けてなかったりする。

ということだけれど、なになに? 守護騎士が復活したかと思えば、 はやてが変身、目が青い。 それはいいとして、 暴走を始めた防御システムに総攻撃と来て、それを宇宙空間にテレポートさせ、 闇の書に匹敵するパワーを持つアルカンシェルの一撃で終わった…と安堵した矢先にはやてが意識不明。 どーしたの、はやてっ。 どーなってんの、はやてっ。

にしても、かっこよく再登場した守護騎士。 消えた時はどーなるかと気にしてたんだけど、皆無事でよかった。
けれど、どーやって、戻って来たんだろう。 いまいちわかんない。

ちなみに、思わず(?)はやてに抱きつき声を上げて泣くヴィータ。 よっぽど不安だったんだろうか、 まるで迷子になってた子供が母親を見つけて泣きだすが如く。 がかわいいのなんのって。
ルキアと恋次プラス東仙を一瞬にして双極に連れ戻した愛染とギン。
さぁ、始まった。 四十六室から舞台を変えて、 まだまだ続けるディナーショー。

一方、四番隊服隊長の虎徹は愛染達の謀反(?)を護廷十三隊と旅禍に伝え、 卯ノ花隊長は負傷した雛森と日番谷の手当てを始める。

愛染の言葉に耳を疑う恋次にルキア。 ルキアを渡せと愛染。 真相を知り、誰が放すかよ、と、かっこよく断る恋次。
さり気に告ってんの? って気がしたんだけど、BLEACHじゃありえないか。

事もなげに片手で恋次の攻撃を潰した愛染。 カウンターアタックで恋次に刀を振るう瞬間、 虎徹の伝達を受けた一護が参上。 間一髪で恋次を助けた一護。

一護に感謝しようとしていた恋次だが、 嫌味を言う一護に恋次も売り言葉に買い言葉。 互いを罵りあう二人。 そこへ胸板に顔を押し付けられ窒息しそうなルキアが恋次にアッパーを決めていざこざを止めた。
そういえばBLEACHってこーゆーノリだったなぁ。 久方ぶり。 ルキアの元気な姿も見れてよかったよ。

恋次 + 一護 vs 愛染。 しかし、愛染最強。 一護の攻撃も指一本で止められ二人ともあっちゅー間に倒された。

そして更なるトークに入る愛染。 浦原によりルキアの中に潜ませた崩玉についてベラベラ説明する。
こーゆー種明かしは犯人によってではなく、 名探偵にやってもらいたかったっすよ。
ヴァン以外の戦力おおよそ全てを導入し敵の防壁を破ったはいいが、 な、ん、て、こ、と…

今回においては、ただ一つの事柄しか考えられない。

ヴォルケインも自らの命も犠牲になんとか一矢報いたレイ。 けれど、それでカギ爪の夢は本当に破れたのか。 もしかしたら、修復可能なダメージだったのではないかと、 犬死になってしまうんじゃないかと、それが気がかり。

ところで、最後の歌。 レイに手向けるレクリエムですか? プリシラやエルドラ5達の命もどうも危うい感じではあるけれども、 レイの死だけは確定なんですか? アニメだけれど、厳しい現実に目を背けたくなります。 それがなければもしかしたら生きてるんじゃないかと、 一縷の望みを持つことが出来たかもしれない。

それにしても、これは急でした。 今思えば、レイは生き残っても恐らく失明することになっていて、 復讐の為だけに生きてきていた彼が、 その先、どう生きていくのかを考えればこれでよかったのかも、とも思えるのだけれど、 でも、この話を見ていた時は、まだ、心構えもしてなくて、 余りにも突然に感じ、大ショックでした。

しかし、こんな大事が起こっているのに、ヴァンは一体何をしてんでしょう。 とは言っても、向こうは向こうで死ぬかもしれない状況にいるんですが。
それにたとえ主人公でも最終的にヴァンの命が保障されているとも限らないか。 とも、限らないか。 というか、どちらでもありうる。
ただ、満身創痍でハッピーエンドという展開が濃い気がする。 が、それでは逝ったレイに対して不公平な気がする。
なんだなんだと、これまたあっという間。 しかも、涙を誘うところがそこかしこ。

闇の書に取り込まれたフェイト。 目が覚めると自分が生まれる前に死んだ筈のアリシアが隣で眠っていた。 そして、食卓には優しい母が…

かつて、母親の愛情を求めんが為、 どんなに虐待され続けていても言うことを聞き続けたフェイト。 そのことを思うと、フェイトが闇の書で見たその時は正に夢のようだったに違いない。 そこにいればフェイトはずっと求めていたが手に入らなかった筈の愛情や幸せを得られる… けれども、それは偽りの幸せ。

外でなのはと戦っている闇の書。 その内側で闇の書と向き合うはやてもまた夢へと誘われていた。 健康な体、ヴォルケンリッター達との幸せな日々、と、 望めば叶うが、それは夢の中だけなのか。

闇の書は防御プログラムの暴走でいずれ自分が彼女を殺してしまうことに哀しみの念を感じている。 だから夢の中だけでも主に幸せな時を過ごして欲しいと願っていたのか。

しかし、それは夢。 眠りに落ちることなく、はやては闇の書の暴走を止めようと 外で戦っている「その子」、防御プログラムを闇の書本体から切り離した。 そして、それが走っていると管理者権限が使えないといい、 なのはに「その子」を止めてくれ、と頼む。
ここでまたまた正体露呈。 お互いの名前を呼び合うなのはとはやて。

わかりやすく、と、ユーノは、魔力ダメージで防御プログラムをぶっ飛ばせと、 なのはに本当にわかりやすく言う。
レイジングハート・エクセリオンバスターで闇の書と戦うなのは。

内側でははやては闇の書に名前を授け、するといつの間にか管理者権限使用が可能になる。 けれども、防御プログラムの暴走は止まらないという。 「まあ、なんとかしよう」となんともお気楽なはやて。

夢にいたフェイトの方は、アリシアにさよならを告げ、 闇の書の内からの脱出に成功。


今回は、三位一体? 闇の書と外で戦うなのは、闇の書の夢に落ちたフェイト、 闇の書自身と掛け合うはやて、とそれぞれの視点でそれぞれの話がすすみ、 最後で合流、クライマックスをむかえるという感じだったんでしょうか。 見ごたえありました。
・ ・ ・ 難 解 。

多分まだ記憶喪失中のアゲート、 なんの躊躇もなくカールスの館へカールス本人として「帰ってきた」。
そして、カールスとして、ふかふかのベッドで眠り、 カールスの親戚用の食事を取り、そして、カールスの飛行機でどこかへと飛び立ってった。 これは一体…?

カールスの記憶はクロムだけじゃなく、 人造人間なんじゃないかと思われるアゲートにも植え付けられていて、 今はそのカールスの記憶だけが戻ってきたのかもしれなくて、 それで「帰宅」したということだろうか。
それとも、あれは哀れなおばあさんの為の慈善事業?

けれども、アゲートはカールスのクローゼットでバットマンのコスチューム同様、 無数に並ぶクラスターの制服を見て、 自分がクラスターの生徒になるんだと思ったということは、 やっぱりカールスの記憶なんじゃないだろか。 もしくは、自分の記憶を取り戻したか。

しかし、ばあさんはカールスが殺されたと知っていたのに、 突然訪れたアゲートに、不気味がらず、なんでカールスと呼ぶことが出来たんだろう。 アゲートの奇蹟が発動したのだろうか。

それとも、ばあさんが最後の方で、カールスはみんなの記憶の中に生きている、と述べたことだし、 アゲートがカールスの記憶を持っていると判ったからだろうか。 だとしても、アゲートをカールスと呼ぶのは変でしょ。

ちなみに、ベスビアの回想によると第1話でアゲートが乗っていた飛行機はカールスが作ったものらしい。 目前でカールスの機体を打ち落とした時に気付いていなかったらしい。

ともかく、軍の反逆者として目をつけられているアゲートとカールスの関係を知って、 アゲートを探してベスビアもカールスの館へ赴いた。 が、広い館で痕跡を見つけるも出会わず仕舞い。

にしても、回想で見る限り、ベスビアもそんな悪い奴じゃなかったみたい。
生きていたのね…よりも、
面を上げたよ、侘助(わびすけ)。 唸ったよ、灰猫(はいねこ)

中央四十六室に赴いた日番谷と松本がみたものは数々の死体。 血が黒く乾いていたので、殺害があったのは随分前の話、のようです。 が、死体の随分キレイなコンディションに、ふと思うは、 死神界では死体が腐乱することはない。

死体だけだと思っていたら、そこに現るは、吉良イヅル。 日番谷と松本は逃げるイヅルを追いかける。

ところが、雛森が日番谷達の後を追って来ていたことを告げ、 彼女に危険が及ぶと仄めかした。
吉良を松本に任せ、慌てて中央四十六室に戻る日番谷。

ということで、副隊長同士の戦い、吉良 vs. 松本が始まる。
切った回数分だけ切られた対象の重量が倍々に重くする侘助、 これまた吉良自身の存在に相当する地味さ。
幾度か灰猫に攻撃を受けた松本はその重さに持っているのが困難か、 瓦に切先を落とす。 けれども、あー、よかった、灰猫が解放されて、 灰の様な粒子に散った。 これって、白哉の千本桜系? 似てるよ。

中央四十六室の無残な光景に目を剥く雛森。 そこへ市丸ギンが登場。 会わせたい人物がいる、と雛森が後ろを振り向けば、 なんと、雛森が敬愛する死んだ筈の愛染隊長が立っていた。 思わず泣き付く雛森…なのに、どえらいこっちゃ、雛森が愛染の刀で串刺しに。 二度驚くねぇ。

一歩遅かった、日番谷。 「雛森に血ぃ流させたら」とか云々言ってたのに、出血しまくりだ。
雛森がやられたと知った途端に氷輪丸を解放(卍解?)させた。 が、愛染強し…後は言わずともがな。

卯ノ花隊長と副隊長の勇音登場。 今日は忙しいね、愛染。
とりあえず、卯ノ花隊長達に、それと視聴者にどういうトリックがあったのか、説明する愛染。
どうやら、愛染の斬魄刀、鏡花水月(きょうかすいげつ)を使って、 皆に催眠術を仕掛けていたよう。 便利というか最強かも。
仮面の戦士達、男と思ったら全然っ。 リーゼ姉妹じゃないの。 見破ったのが弟子のクロノとは皮肉なものです。
としても、リーゼ達に悪意があったわけではなく、「闇の書」永久封印を目的に動いていて、 そして、彼女達を指示していたのがグレアム提督。 これまた驚き。

その封印方法は、「闇の書」が暴走を始める前に、その転生機能を無効にするため、 「闇の書」を主ごと凍結させて次元の狭間か氷結世界に閉じ込める、というもの。 罪人でもない現在の主、はやてはどうなる、と、提督の計画に反対し、 そして、提督のプランの不完全性を指摘するクロノ。
対し、提督は、己の計画を断念したのか、 切り札らしき「氷結の杖」をクロノに手渡した。

それはそれで大変なことだけれども、個人的にはユーノが、えと…なんて言うんでしょう、 あれ、バインド? ともかく、戦いに少し貢献したことがそれ以上に驚いた。 地味なユーノを応援する側としてはうれしい限りです。

「闇の書」と戦うなのはとフェイト。 どうやら、「闇の書」は「闇の書」と呼ばれることに不服のよう。 なのはが「闇の書さん」と呼びかけたことに少し悲しそうでした。 っつーても、ずっと涙を流し続けている闇の書は最初っから悲しい顔なんですけど…。

一般市民、って、全く大変なところに迷い込んだものです、すずかとアリサ。
なのはとフェイトの正体が彼女達に露見しちゃった。 なんかこーゆーのっていいノリ。


暴走する前の「闇の書」は主の願いを叶えようとしているみたい。 ということは、ヴォルケンリッター達が言っていたように、 その間に、願いさえすれば、はやては自分の病気を治してもらうことも可能だという訳? 後は暴走を阻止出来れば、まるく収まるのかも…。 頑張れ、なのは。

けれども、ヴォルケンリッターは? 彼等は「闇の書」に吸収されて消えた訳だけれど復活出来るの? きっと大団円になるのだろうと思うけれど、その辺は、どう復活なるのか気になります。
どっかの番組名みたいなサブタイトル。

故ガドヴェドの鎧の倉庫で、ダンの修理の為、 そして自分自身の治療の為、宇宙に出たヴァン。 月をエンドレス・イリュージョンに落とす為、宇宙に出ていたミハエルと戦いを始める。

ふ~ん、ミハエルはシュミレーションで経験があるのかどーかは知らないけれど、 無重力空間で戦ったことないのにヴァンもまた上手いもんだ。

大気圏突入直前まで戦いは続き、事前に備えあるミハエルはサウダーデにバリアのようなものをし、 地上へと向かう。 が、ヴァンは、といえば…死ぬ?

のか、と思ったけれど、普段からダンを召喚する時、いつもそのまま落下してんだから、 今回も難なく地上に降り立つこと出来るよね、きっと。

地上では、カギ爪の居場所へホバーベースを進める中、 沢山の雑魚を率いてレイ達の前に立ちはだかるファサリナ。 ボルケインで迎撃(?)するレイ。
やられそうになってヤバイ、と思ったらエルドラじいちゃん達がカッコよく登場。 そして、プリシラも援護に。

仲間、じゃないなら何なんだ、と来て、バカ揃い、だってさ。 ヴァン一行に段々愛着がわいてきたのか、レイ。 見ていてほほえみが浮かびます。

驚きの連続、次から次へと起こる事態にあっという間の30分でした。

入院中のはやてにクリスマスプレゼントを渡しに来たなのは達、 驚かすために内緒で来たのが仇となり、 意外(でもないか)な所でヴォルケンリッター達と再会というか鉢合わせっ。

これは視聴者がというより、登場人物が驚いた、だけど。 こちらとしてはこうなることを今か今かと待っていたので、満たされた感じ、だったり…。

なのはがヴィータにあと一押しで真実を告げれる、と思えば、仮面の男がっ。 しかも二人もっ。

ヴォルケンリッターの魔力を使いあれよあれよという間に闇の書を完成させちまったっ。 ヴィータとザフィーラを置いて消えたシグナムとシャマル。 ヴィータも消えたと思ったら、残ってた。

仮面の男達が装う偽なのはと偽フェイトがはやてを(精神的な)闇へと追い込んで、 ちょっと、誰っ? はやてが全くの別人にっ。 闇の書の人としての具現化?

ちなみに、闇の書は悲しみを原動力にしている? 涙を流す闇の書はその巨大な力を以って何を成す気か…
前回、ダン用の人工衛星を、カギ爪の指示のもと、ミハエルがぶっ壊したせいでダンが帰れなくなった。 困ったことに、ヴァンとダンは一蓮托生、 ダンが自分の衛星内で修復されないとヴァンも回復出来ないときた。

さぁ、どーする、 と言うことで、試しにディアブロ(?)のを使ってみようという話になり、 味方キャラ総動員で奴を宇宙へ送らんとしてる。

孤高を気取っていたレイも渋々ヴァン達に協力することになり、 これでやっと、味方(っぽい)キャラが全員集結した訳だ。

ところで、あれは一般知識外? それともヴァン達に限って?
とにかくも、宇宙という概念が通用しなくって、 吃驚し、そしてレクチャーを繰り広げるジョシュアが中々に必死でに可笑しかった。

ジョシュアについてもう一つ。 カギ爪に会ったらどうするかを尋ね、「殺す」と一言返したレイに、 「ですよね…」と答える。 やや哀しそう。
けど、復讐をただひたすら否定してきたジョシュアなのに、今回は止める気はない様子。

これは「言っても無駄」という諦めなんだろか、 それとも、ジョシュア自身も、カギ爪は死ぬべきだと思いはじめてるのだろか。
つか、ほっといても死ぬんだろけど、 計画を阻止する為ならカギ爪の死もやむなしということなんだろか。

最後、ミハエルが緊急連絡で「月のシステムがっ」と月の裏側を目に、 大そうビックリしてたけど、直後、通信が途絶してしまった。 一体どないしなはったんでしょう。

もし、ヴァンが宇宙に出ることが可能なら、 ミハエルと呉越同船して月の何かと戦うってことはありうるだろうか。 それとか、月を舞台に二人が戦うとか…。

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。