上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生きていたのね…よりも、
面を上げたよ、侘助(わびすけ)。 唸ったよ、灰猫(はいねこ)

中央四十六室に赴いた日番谷と松本がみたものは数々の死体。 血が黒く乾いていたので、殺害があったのは随分前の話、のようです。 が、死体の随分キレイなコンディションに、ふと思うは、 死神界では死体が腐乱することはない。

死体だけだと思っていたら、そこに現るは、吉良イヅル。 日番谷と松本は逃げるイヅルを追いかける。

ところが、雛森が日番谷達の後を追って来ていたことを告げ、 彼女に危険が及ぶと仄めかした。
吉良を松本に任せ、慌てて中央四十六室に戻る日番谷。

ということで、副隊長同士の戦い、吉良 vs. 松本が始まる。
切った回数分だけ切られた対象の重量が倍々に重くする侘助、 これまた吉良自身の存在に相当する地味さ。
幾度か灰猫に攻撃を受けた松本はその重さに持っているのが困難か、 瓦に切先を落とす。 けれども、あー、よかった、灰猫が解放されて、 灰の様な粒子に散った。 これって、白哉の千本桜系? 似てるよ。

中央四十六室の無残な光景に目を剥く雛森。 そこへ市丸ギンが登場。 会わせたい人物がいる、と雛森が後ろを振り向けば、 なんと、雛森が敬愛する死んだ筈の愛染隊長が立っていた。 思わず泣き付く雛森…なのに、どえらいこっちゃ、雛森が愛染の刀で串刺しに。 二度驚くねぇ。

一歩遅かった、日番谷。 「雛森に血ぃ流させたら」とか云々言ってたのに、出血しまくりだ。
雛森がやられたと知った途端に氷輪丸を解放(卍解?)させた。 が、愛染強し…後は言わずともがな。

卯ノ花隊長と副隊長の勇音登場。 今日は忙しいね、愛染。
とりあえず、卯ノ花隊長達に、それと視聴者にどういうトリックがあったのか、説明する愛染。
どうやら、愛染の斬魄刀、鏡花水月(きょうかすいげつ)を使って、 皆に催眠術を仕掛けていたよう。 便利というか最強かも。
スポンサーサイト
仮面の戦士達、男と思ったら全然っ。 リーゼ姉妹じゃないの。 見破ったのが弟子のクロノとは皮肉なものです。
としても、リーゼ達に悪意があったわけではなく、「闇の書」永久封印を目的に動いていて、 そして、彼女達を指示していたのがグレアム提督。 これまた驚き。

その封印方法は、「闇の書」が暴走を始める前に、その転生機能を無効にするため、 「闇の書」を主ごと凍結させて次元の狭間か氷結世界に閉じ込める、というもの。 罪人でもない現在の主、はやてはどうなる、と、提督の計画に反対し、 そして、提督のプランの不完全性を指摘するクロノ。
対し、提督は、己の計画を断念したのか、 切り札らしき「氷結の杖」をクロノに手渡した。

それはそれで大変なことだけれども、個人的にはユーノが、えと…なんて言うんでしょう、 あれ、バインド? ともかく、戦いに少し貢献したことがそれ以上に驚いた。 地味なユーノを応援する側としてはうれしい限りです。

「闇の書」と戦うなのはとフェイト。 どうやら、「闇の書」は「闇の書」と呼ばれることに不服のよう。 なのはが「闇の書さん」と呼びかけたことに少し悲しそうでした。 っつーても、ずっと涙を流し続けている闇の書は最初っから悲しい顔なんですけど…。

一般市民、って、全く大変なところに迷い込んだものです、すずかとアリサ。
なのはとフェイトの正体が彼女達に露見しちゃった。 なんかこーゆーのっていいノリ。


暴走する前の「闇の書」は主の願いを叶えようとしているみたい。 ということは、ヴォルケンリッター達が言っていたように、 その間に、願いさえすれば、はやては自分の病気を治してもらうことも可能だという訳? 後は暴走を阻止出来れば、まるく収まるのかも…。 頑張れ、なのは。

けれども、ヴォルケンリッターは? 彼等は「闇の書」に吸収されて消えた訳だけれど復活出来るの? きっと大団円になるのだろうと思うけれど、その辺は、どう復活なるのか気になります。
どっかの番組名みたいなサブタイトル。

故ガドヴェドの鎧の倉庫で、ダンの修理の為、 そして自分自身の治療の為、宇宙に出たヴァン。 月をエンドレス・イリュージョンに落とす為、宇宙に出ていたミハエルと戦いを始める。

ふ~ん、ミハエルはシュミレーションで経験があるのかどーかは知らないけれど、 無重力空間で戦ったことないのにヴァンもまた上手いもんだ。

大気圏突入直前まで戦いは続き、事前に備えあるミハエルはサウダーデにバリアのようなものをし、 地上へと向かう。 が、ヴァンは、といえば…死ぬ?

のか、と思ったけれど、普段からダンを召喚する時、いつもそのまま落下してんだから、 今回も難なく地上に降り立つこと出来るよね、きっと。

地上では、カギ爪の居場所へホバーベースを進める中、 沢山の雑魚を率いてレイ達の前に立ちはだかるファサリナ。 ボルケインで迎撃(?)するレイ。
やられそうになってヤバイ、と思ったらエルドラじいちゃん達がカッコよく登場。 そして、プリシラも援護に。

仲間、じゃないなら何なんだ、と来て、バカ揃い、だってさ。 ヴァン一行に段々愛着がわいてきたのか、レイ。 見ていてほほえみが浮かびます。

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。