上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レイの死がまだ尾を引いている。 身が入らなかった。

レイが命がけで計画を阻止したと思っていたら、 それがたった47分で修復可能だと知り、 悔しさか怒りか、感情を露にするジョシュア。 温厚な彼が珍しい。 といっても兄の死が犬死なのかもしれないと思えばしょうがない。

最初は荒れていたジョシュアだけれど、 個室に隔離(?)されながら、 兄が命を賭けて稼いだ47分を無駄には出来ないと、 計画を阻止する算段を考える。

ジョシュアを助けにカルメン達が動き出す。
基地内に潜入したユキコ。 敵に捕まりそうになっていた時、 ジョシュアが現れ、自分で組み立てたスタンガンで敵を気絶させた。
逃げようというユキコに自分にはやることがある、とジョシュア。

眠り姫カルロスお目覚め! エルドラ5のエネルギーが尽きたと思いきや、 いつの間にか説明書を読んでいたカルロスが非常復旧用システムを作動させる。
ヒーローとしてまだまだ健在。 再び敵と戦うことにしたエルドラメンバー。
やられたと思われていたプリシラもエルドラ爺さん同様、戦いに復帰。 正面突破で基地に乗り込む二機。

宇宙から戻って来たヴァン、当然が如く待ち構えるサウダーデと戦闘。 ミハエルぅ~? なんだ、てめぇ、全然戦いたい相手じゃない。 もう思いっきりミハエルをやっつける。

カギ爪と対峙するヴァン。 レイのことを聞き、自分は奴ほど優しくない、と言う。 けれども、どういう業(?)、身動きが取れない。 そんなところ、カギ爪が、 ヴァンの婚約者を生き返らせると、妙なことを言い出した。

約束どおり基地のエンタランスにやって来たウェンディ。 そこで出くわした兄、ミハエルに望まざるも銃を向ける。
そういや、兄の行く道が正しいかどうか、 見定める、って感じのこと言ってたっけ、ウェンディ。

そうそう、カルメン。 彼女は故郷を滅ぼした花がいくつも咲く部屋でファサリナと戦闘中。
ファサリナの素直さに嫉妬している、とカルメン。 憎むべきは自分にある、と故郷を持たないファサリナ。 これもある意味嫉妬? けど、ファサリナって素直? 思ってもみなかったよ。
スポンサーサイト
尸魂界潜入編もそろそろ幕引き近し? とんとん拍子で進んで行った気がします。

愛染の自身の正体暴露中、突然現れた狛村。 無理矢理付け足したかのように東仙との回想を挟んで、 一瞬とはいわないけれど、かなりチャキチャキやられた。

浦原の残した書物を参考に作った技術らしきを使ってルキアの中の崩玉を取り出す愛染。 そんな簡単に出来るのなら、 まどろっこしいことしてないでとっとと摘出してればよかったでないかい。

崩玉を抜き取ったルキアをギンに殺すよう命する愛染。 射殺せなかった、神鎗。 ルキアの義兄、白哉がなにも語らず、けれど、身を呈して神鎗を止めた。 ルキアの処刑が尸魂界全体の意志ではなかったと発覚し、 やっと安心して(?)ルキアを助けられると思ったんでしょうか。

なんだか大漁だ。 空鶴をはじめ次々と現れる助っ人達。 愛染は夜一と砕蜂に捕まり、事態をのほほんと窺っていたギンは松本に。
してやったり、なんて思っていたら、そうは問屋が卸さない。 愛染はギン、東仙と共に、 久方ぶり登場の大虚(メノスグランデ)が待つ虚圏(ウェコムンド)に通ずる天上の穴へと消えていった。 別れ惜し気に松本に謝るギン、なんだか切なかった。

愛染達の去った後、負傷者の治療で活躍する四番隊。
そんな中、重症とおぼしき白哉がルキアを呼び、 ルキアの姉であるひさねの話を始めて口にする。
白哉は、死に別れた妻、ひさねと交わした、ルキアを守るという約束と、 重罪を犯したルキアの処刑遂行という掟(?)を守ること、 その二つの間で悩んでいたとちょっと言い訳っぽい告白した。 言い訳でもいい、白夜かっこいいから。

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。