上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最後まで原作未読者にはあまり優しくないアニメでした。

アルビオンを破壊するイザークに対するAX側はそれぞれの機知を発揮して勝利をおさめた。
そして、アベル。 トレスのカテリーナから託された液体を棺に注がれ、 死んだ筈のアベルは悪魔のような姿になり、そして、天使のような姿のカインと戦う。
二人の戦う姿を見、エステルは「永遠に戦い続けるのですね」ということを言っていたんですが、 ということはクルースニクは死なないんですか? いや、そんなことエステルは知らないか。

時は経ち、アルビオンの王位継承者であるエステルはアレッサンドロの導きにより戴冠式を迎える。 ヘタレだったアレッサンドロもちょっとは頼りがいがありそうな顔になってましたのぉ。

時同じく、元の人間の姿のアベル。 世界を滅ぼす敵、カインを倒す為、イオンもアベルに同行することになった。

幼いころのアベル達が見れました。
それで、ちょっとだけ謎が解けた気がする。 今回で更に謎が増えたようなきもするけど… ともかく、どうやらアベル、カイン、セス、それと赤毛の女性、 クルースニク達は火星移民計画での実験体だったようです。

SFチック。 最後でも半壊した惑星のような宇宙船のようなものも出て来てたし。 そういえば、アルマゲドンで文明が滅んだって設定だっけ? で、あの惑星は…火星なんだろうか、それとも、地球のなれ果てなんだろうか。

昔はアベルの方が人間を毛嫌いしていた様。 そして、カインの方が物事に寛容で前向き。 カインはアベルに彼の望む未来を問うた。 アベルは人を嫌う自分の望むその先には孤独のみであると気付いたのだろうか。 それから変わったんだろうか。

そして今、どうして、カインは世界を滅ぼそうとしているんだろう。 そういえば、アベルが護れなかった人は誰なんだろう。

と、分からない所も色々あるし、つづき、気になるんですけどっ。

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
『宇宙船』について 宇宙船宇宙船(うちゅうせん)は、#宇宙空間で移動するための乗り物。以下で詳述する。朝日ソノラマの発行している特撮テーマの雑誌『宇宙船』。----宇宙船(うちゅうせん、スペースクラフト)とは、宇宙空間を移動(飛行)して輸送を行う装置(のりもの)。無人の物も含ま
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。