上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつのまにか姿を消したシャナを心配しつつ帰宅した悠二は、 庭に倒れていたシャナを目にし、駆け寄った。 すると、トーチの悠二に何が分かる、構うな、と突き放され、訳が分からない悠二。

トーチだからか、悠二だからか、悠二がトーチだからか、 それとも、実は今まで他者にそういう感情を抱いたことがないからか。 とすれば、シャナは好意や愛情等の感情は想像の範疇にないということか。 そして、あまつさえ、その感情の所為で乱れる心は、 悠二が悪い、という風に責任転嫁されちゃう…と。
そして実際トーチである悠二はそんなシャナの冷たい態度にに胸を痛める…と。
よくあるパターンですが、そゆーの好きです。 どんどんやって下さい。

前回、悠二が助けたクラスメートである吉田は悠二を誘って美術館へ赴く。
仲良く(?)美術品を見ている所、悠二は目の前で忽然と消える女性を見た。 その奥でベンチに座す老人はトーチの姿を借りる紅世の徒の屍拾いラミー。 その老人は消えかけているトーチの存在を食って生きている。 どうやらそいつの仕業らしい。
ラミーは、生きているとはいえないトーチとしての悠二に、 今のままシャナに自分の存在を憶えられることに抵抗はないのか尋ねた。 答えられない悠二。

?? 難しい…。 だって悠二は死んでからシャナに会ったのだし、 憶えててもらえる可能性があるのはシャナしかいないのだし…。 ラミーはどういうことを言っていたんだろう。 生き返れとでも言ってるんだろうか。 無理じゃん。

そして、悠二はラミーから別れ際にフリアグネの街を滅ぼす都喰らい(?)の計画を聞く。
フリアグネはトーチの存在を食うラミーを障害物ととっている様子。 フリアグネのやろうとしていることは町全体の存在を要する何か…ということだろか。 そんなことをすれば世界の均衡が崩れる。 それが崩れるとどーなるんだろう。

一方、マージョリーは子分二人をつれて街を闊歩。 そこへ、異様な空気に狩人のフリアグネと察す。 さあ、対決っ! と暫し戦うが、他に用事のあるフリアグネはとっとと退散。
なんかこっちは平和…だな。

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
灼眼のシャナ・第5話 「それぞれの想い」 敗走したシャナ。そのシャナを見た悠二は慌ててシャナを助けよう
灼眼のシャナ 第5話 前回が萌えエロ話だった分、今回はストーリー面で結構進展。シャナの出番が思いのほか少なかったですね。マージョリーとマルコシアスのコンビは最高ですね~。マルコシアスがいい味出しすぎてたまりません(笑)。悠二のクラスメイト2人も従えて、ますますいい感....
(アニメ感想) 灼眼のシャナ 第5話 「それぞれの想い」感想 ただのトーチだったばすの悠二がシャナの中で確実に大きな存在へと変化していってるわけですが、これはこのままいくと恋心の目覚めへと繋がっていくのでしょうか?まあ、それがないとツンデレと呼ばないわけですが・・・。いやある意味デレ~の部分はメロンパンにとられてい
灼眼のシャナ【第5話】「それぞれの想い」 悠二の家の前に猫が倒れているかのようにシャナが落ちている・・・前話でマージョリーに負けたことにより、シャナ自身かなり悩んでいるようだ。シャナに嫌われ、悠二は仕方なく一人で学校へ行くのだが、学校で待ち受けていたのは吉田さんが待っていた!吉田さんおどおどして
灼眼のシャナ 第5話 灼眼のシャナ〈4〉サブタイトル「それぞれの想い」新たに悠二の前に現れたトモガラのラミー。彼には”ある目的”があると言うのだが...以下詳細***********
灼眼のシャナ 第5話「それぞれの想い」 リアルタイム感想~玄関先で倒れるシャナぽん。がーん。諏訪部さんキタ━━━(゜∀゜)━━━!!!!トーチって何だっけ?はて?諏訪部さん今日もえろいよ諏訪部さんえーと、怪しげな方が一人。公式公式。あーあー、池君吉田さんのこと好きなんでしょ~?がーん。優しいなぁ池..
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。