上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
書いてるうちに必要以上に長々となってしまったので、書き直し。

EDで出てくるジョージと小夜、カイ、リクの四人で写っている写真をみて、 少し、目がうるうるしてしまったよ。

今回は親父の死を境に小夜が自分の正体、過去を受け入れ、 暴走するでなく、護りたい人を護るが為、覚醒(?)するという話。

ついでに、翼手の開発理由の謎についても少し触れられていた…かな?

でも一番印象に残ったのは、 リクとカイが、親父さんが戻って来たら、また、いつも通り、平和な暮らしが出来るだろう、 と言ってたその矢先に、 小夜が親父さんを小夜自身の手で葬ることになってしまったというシーンでしょうか。

これって短すぎですか…?

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
BLOOD+ 第6話「おとうさんの手」    血、出すぎ(泣)うわーん、ジョージがぁ(泣)すごい悲しかった(泣)あのシーンは泣けた。あーあ…しくしく。ショックだ。●小夜それにしても刀で切るとこは何回見ても痛い。で、小夜ってばお父さん死んじゃってから急に凶暴化したけど、あれって自分でコントロールでき..
BLOOD+・第6話 「お父さんの手」 ジョージを救出するため、ヤンバルの研究所へと突入した小夜たち。
(アニメ感想) BLOOD+ 第6話 「おとうさんの手」 ええ、今回のお話しタイトルからしてイヤ~ンな予感がしますね。まあ、まだ始まったばかりだから無茶はしないだろうと思っていたのですが、どうやらヤツらはホンキのようです。今日はもう覚悟して見ますか・・・。
BLOOD+ おとうさんの手 BLOOD+が物足りなく思うのは TVアニメ「BLOOD+」の制作発表会を東大で開催 多分これを読んでしまったからだと思うのですよ だって、戦争を全く描いてないから 小夜と翼手の戦いは本質的には仮面ライダーとショッカーの戦いと同じでしょ?中国とUSAが戦争したらどっちが
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。