上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近のレントンはゲッコーステートの中でも、 一番冷静なのではないかと疑ってしまうほどだ。 そういや、もう、フレーズ最後の「姉さん」は久しく聞いていない。
この世をたったチャールズ夫婦がたとえ数日間であれ、 レントンの人生に関わったことが、後になった今、大きな実を結んだかのように思える。

変わったといえばホランドもその一人。 レントンを含めてエウレカを命に代えても護ると決意したあの日に、 彼もやっぱり変わったはず。

以前は変わることに怯えていたエウレカ。 実際に変わってから、タルホに「こわくない」と言えるようになったのは見ていて笑みを覚える。

と、彼等に感化されたのか、タルホは自分も変わらなきゃと固く思い…先ずは形から…と、 髪型、服装を変え…たのはいいけど…
…髪型はまだいいとして、一昔前のSFで出てきそうなあの服装が気になる新タルホ。 前タルホと新タルホ、どーも、同一視しがたい。 唯一頬に残ったタトゥがタルホなんだと気付かせてくれる。
けれど、変身後のタルホは優しそうになった気がする。

まあ、けど、そんな彼等の変化が月光号の以前のギスギスしていた雰囲気と違って、 ゲッコーステートとしてスムーズに機能しているように感じた。

トレゾア技研。 目出度くニルバーシュの修理を請け負ってくれた。
そこに滞在中、発見当時のエウレカの様子を映画で視聴するレントン達。
人と違うエウレカにレントンは何を思っただろう。 エウレカが何者であれ護ると決めた意志は揺るがないだろうけど。 その意志はより強くなったのだろうか。

同じ映画で、頑固親父、レントンのお爺さん、アクセル・サーストンがトレゾアに居たことが判明。 サーストン一家は彼等の星(?)の歴史(運命?)につくづく深く関わっているのだなぁ。

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。