上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無限図書でその情報を地道に探るユーノくんに拍手喝采。

では、ユーノ曰く(殆どそのまま引用)、

闇の書の正式名称は「夜天の魔道書」で、 その本来の目的は、各地の偉大な魔道師の技術を蒐集して、 研究するために作られた「主と共に旅する魔道書」だった。

破壊の力を揮うようになったのは歴代の持ち主の誰かがプログラムを改変したから。 その改変の所為で、旅をする機能と破損したデータを修復する機能が暴走している。

持ち主に対する性質の変化。 一定期間蒐集がないと持ち主自身の魔力や資質を侵食しはじめる。 完成したら無差別破壊の為に持ち主の魔力を際限なく使わせる。 これまでの主は皆完成してすぐに…

なに、完成してすぐに、何? 死ぬってか?

ということは、今、 ヴォルケンリッター達が涙ぐましい努力で闇の書の蒐集していることは全くの徒労? 完成したその果てにはやての死が待っているって、誰か早く彼等に教えないとっ。
とは言っても何もしなきゃしないで、やっぱはやては死ぬ(?)よね…。 じわじわ死ぬか一気に死ぬかの二者択一しかないの? 無情。

更にユーノ曰く、闇の書の停止や封印方法の資料はまだ見つかっておらず。 完成前の停止は多分難しい。 何故なら、闇の書が真の主であると認識した人間でないと システムの管理者権限を使用できない、つまり、プログラムは停止や改変が出来ない。 無理に外部からの操作をしようとすれば、主を吸収して転生しちゃうシステムも入ってる。 故に、闇の書の永久封印は不可能と言われている。

とかなんとか。 で、思ったのですが、ありえない能力の仮面の男。 フェイトのリンカーコアを奪ったりしてますが、 闇の書の完成を望んでいる様子なので、 実は闇の書の停止又は封印を試みる者だったりするのでは? と、 都合よく考えてみる。

さて、その闇の書の主、はやて、ですが、 闇の書に体を蝕まれ続けて、病状は悪化の一途を辿っていた。 ついに病院に運びこまれて、医者から入院を要請される。

はやての入院の知らせを聞いて、友達であるすずかはなのは達を同行して見舞いに行くことに。
なのは達と一緒に取った写真と一緒にシャマルにそのことをメールで伝えたすずか。 シャマル、まさか対戦相手(?)がはやての間接的友達だったことに驚いてました。 けれど、こっちは、バッタリ対面? とかを期待していたんですが違ったみたい。

ところで、最後、ヴォルケンリッター達が闇の書完成の為に必死に戦う姿に心打たれました。 とくにヴィータが…。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
魔法少女リリカルなのはA’s #8 それは、小さな痛みでしたぶつけ合うはずだった想いは届くことなく阻まれてしまって絡み合う願いもつれ合う心と希望見失いそうになる真実悲しい過去があっても未来が暗く霞んでもだけど、立ち向かっていかなきゃいけないきっと誰もが、同じとき....
[魔法少女リリカルなのはA's]第8話 悲しい決意、勇気の選択なの 「魔法少女リリカルなのはA's」第8話です。はぁ・・もう8話なのかぁ・・あっという間に最終回を迎えてしまいそうでちょっぴり寂しい感じです^^;リンカーコアにダメージを受けたフェイトちゃんはアルフが回収して今は静養中。アースラの復帰に伴って司令部もアースラ内部
魔法少女リリカルなのはA's 第8話 激痛が襲い、倒れこむはやて・・・はやてはちょっと目眩がして、胸と手がつっただけと言う・・・しかしシャマルとシグナムは主治医に呼び出され、はやての入院を勧められる。念のために検査をするということで、はやてに入院をするよう伝えるシャマル。病室からみんなを笑..
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。