上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回、ダン用の人工衛星を、カギ爪の指示のもと、ミハエルがぶっ壊したせいでダンが帰れなくなった。 困ったことに、ヴァンとダンは一蓮托生、 ダンが自分の衛星内で修復されないとヴァンも回復出来ないときた。

さぁ、どーする、 と言うことで、試しにディアブロ(?)のを使ってみようという話になり、 味方キャラ総動員で奴を宇宙へ送らんとしてる。

孤高を気取っていたレイも渋々ヴァン達に協力することになり、 これでやっと、味方(っぽい)キャラが全員集結した訳だ。

ところで、あれは一般知識外? それともヴァン達に限って?
とにかくも、宇宙という概念が通用しなくって、 吃驚し、そしてレクチャーを繰り広げるジョシュアが中々に必死でに可笑しかった。

ジョシュアについてもう一つ。 カギ爪に会ったらどうするかを尋ね、「殺す」と一言返したレイに、 「ですよね…」と答える。 やや哀しそう。
けど、復讐をただひたすら否定してきたジョシュアなのに、今回は止める気はない様子。

これは「言っても無駄」という諦めなんだろか、 それとも、ジョシュア自身も、カギ爪は死ぬべきだと思いはじめてるのだろか。
つか、ほっといても死ぬんだろけど、 計画を阻止する為ならカギ爪の死もやむなしということなんだろか。

最後、ミハエルが緊急連絡で「月のシステムがっ」と月の裏側を目に、 大そうビックリしてたけど、直後、通信が途絶してしまった。 一体どないしなはったんでしょう。

もし、ヴァンが宇宙に出ることが可能なら、 ミハエルと呉越同船して月の何かと戦うってことはありうるだろうか。 それとか、月を舞台に二人が戦うとか…。

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
ガン×ソード・第22話 「誰がために」 『ガン×ソード ドラマCD』が素で欲しくなったたこやきです。 サ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。