上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仮面の戦士達、男と思ったら全然っ。 リーゼ姉妹じゃないの。 見破ったのが弟子のクロノとは皮肉なものです。
としても、リーゼ達に悪意があったわけではなく、「闇の書」永久封印を目的に動いていて、 そして、彼女達を指示していたのがグレアム提督。 これまた驚き。

その封印方法は、「闇の書」が暴走を始める前に、その転生機能を無効にするため、 「闇の書」を主ごと凍結させて次元の狭間か氷結世界に閉じ込める、というもの。 罪人でもない現在の主、はやてはどうなる、と、提督の計画に反対し、 そして、提督のプランの不完全性を指摘するクロノ。
対し、提督は、己の計画を断念したのか、 切り札らしき「氷結の杖」をクロノに手渡した。

それはそれで大変なことだけれども、個人的にはユーノが、えと…なんて言うんでしょう、 あれ、バインド? ともかく、戦いに少し貢献したことがそれ以上に驚いた。 地味なユーノを応援する側としてはうれしい限りです。

「闇の書」と戦うなのはとフェイト。 どうやら、「闇の書」は「闇の書」と呼ばれることに不服のよう。 なのはが「闇の書さん」と呼びかけたことに少し悲しそうでした。 っつーても、ずっと涙を流し続けている闇の書は最初っから悲しい顔なんですけど…。

一般市民、って、全く大変なところに迷い込んだものです、すずかとアリサ。
なのはとフェイトの正体が彼女達に露見しちゃった。 なんかこーゆーのっていいノリ。


暴走する前の「闇の書」は主の願いを叶えようとしているみたい。 ということは、ヴォルケンリッター達が言っていたように、 その間に、願いさえすれば、はやては自分の病気を治してもらうことも可能だという訳? 後は暴走を阻止出来れば、まるく収まるのかも…。 頑張れ、なのは。

けれども、ヴォルケンリッターは? 彼等は「闇の書」に吸収されて消えた訳だけれど復活出来るの? きっと大団円になるのだろうと思うけれど、その辺は、どう復活なるのか気になります。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
魔法少女リリカルなのはA’s #10 静かで優しいクリスマス・イブ偶然の出会いが、悲しい戦いを導いて霞みかけた真実舞い踊る影届かない願い運命の鍵を握ったこの涙が深い闇を呼び覚まして長く冷たい夜が今、静かに幕を開ける警報が鳴り響く中、退避を呼びかける武装局員。2....
魔法少女リリカルなのはA’s・第10話 「運命」 闇の書の発動により、艦船そのものを失った過去を持つグレアム。はやての覚
???????ΤAs 別にこのアニメのスタッフとか都築氏の事をいってるわけじゃありません。誰憚る事の無い天下無敵のロリ者として義務感から「変質者」と「変態者」の定義をはっきりさせておきたいと思います。 「魔法少女リリカルなのはA's」は魔女っ子ものですがターゲットは幼女ではありま
魔法少女リリカルなのはA's 第10話「運命」 (公式サイト)仮面の男の正体はリーゼ姉妹で指揮してたのはグレアム提督。格好は別にクロノの父を似せたわけじゃないっぽい。そのグレアム提督がはやてを監視しつつ、援助やらしてくれてたおじさんでもあった。その目的は、「闇の書」もろとも主をデュランダルを使い氷....
(アニメ感想) 魔法少女リリカルなのはA's 第10話 「運命」 リリカルなのはもいよいよクライマックスにかかりましたね。早いものです。最初はただの萌えアニメだろうってな先入観で見ていましたが次第にシクグナムやハヤテに感情移入してはまっていく自分がいました。ところで、ハヤテの病弱な設定と言いこの覚醒なんかも「セーラーム
[魔法少女リリカルなのはA's]第10話 運命 「魔法少女リリカルなのはA's」第10話です。話は過去から始まります。クロノの父親であるクライド・ハラオウンの船「エスティア」が闇の書の暴走に巻き込まれ制御を乗っ取られてしまいます。主砲である「アルカンシェル」の制御まで奪われてしまいこのままではグレアムたち
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。