上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 一次産業か、それとも二次産業か?
 世界で一番大切なものは何かという問いに ババー(名前なんですっけ?)は「エネルギー」と答え、ジジー艦長は「食料」と答えた。
 しかし、ジジババよ、それはどんな世界を思い描いての答えなのかっ。

 ところで、ちなみに、三次産業は戦時中では存在薄しか。 『贅沢は敵』だしな。

 それはともかく、働かざれど食うキールはといえば、 艦長に頼まれトマホークミサイルを渋々磨いていた。
 そこで、キールはグールド達のそのミサイルが祖国を攻撃して来たのだと知り、 怒った彼は仕事を放棄して、イスラの元へ。 それから、イスラを連れ・・・って、おい、何処へ行く。
 キールはイスラを人質にと連れて潜水艦の一室に篭城…なにやってんの、あんた。 行き場ないじゃん。 後先考えて行動するように。 それとも、よもやお前、産後の肥立ちもまだなイスラにナニでも…とか思っ
 ともかく、そんな場所で何をする気なのかと不思議に思うが、 彼はコンピューターでイスラに文字を教えていた、とな。 あ、そ。
 けれど、そこで急にイスラが苦しみだし、キールは慌ててドアを開け、医者の所へ連れて行く。
 産後から間もないにも関わらず彼女はキールの分まで働き、体調が悪くなっていたのだった。
 キールは医者にその話を聞いて大ショックを受けた。 さて、次週には恩返しがおこるのか。

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
タイドライン・ブルー・第4話 「役割り」 どうも休みがちってことで、話が飛び飛びになってる感じが…。前回は、キ
タイドライン・ブルー #4「役割り」 最近、好きな子の子供に自分の名前を上げてしまった全国のタイドライン・ブルーファンの皆様さっそく感想に張ります。→アストロ球団 第一球(前編) 「偽江夏は戸増宝児?」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。