上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あれよあれよと急ピッチで話が進んだ。 だもんだから、所々ちょっと付いて行けてなかったりする。

ということだけれど、なになに? 守護騎士が復活したかと思えば、 はやてが変身、目が青い。 それはいいとして、 暴走を始めた防御システムに総攻撃と来て、それを宇宙空間にテレポートさせ、 闇の書に匹敵するパワーを持つアルカンシェルの一撃で終わった…と安堵した矢先にはやてが意識不明。 どーしたの、はやてっ。 どーなってんの、はやてっ。

にしても、かっこよく再登場した守護騎士。 消えた時はどーなるかと気にしてたんだけど、皆無事でよかった。
けれど、どーやって、戻って来たんだろう。 いまいちわかんない。

ちなみに、思わず(?)はやてに抱きつき声を上げて泣くヴィータ。 よっぽど不安だったんだろうか、 まるで迷子になってた子供が母親を見つけて泣きだすが如く。 がかわいいのなんのって。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
魔法少女リリカルなのはA’s・第12話 「夜の終わり、旅の終わり」 防衛プログラムと完全に分離したはやて。暴走する防衛プ
魔法少女リリカルなのはA’s #12 初めて知った真実の重さ時を越え刻まれた悲しみの記憶過去の痛みは心の中に静かに溶かしてあの日胸に灯った炎を消さないように深い闇に消えないように結んだ絆を守るために今、未来へ向かう扉を開くアースラは闇の書の主が防衛プログラム....
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。