上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
哀しい悔しい情けない、管理不行届きかや?
けれど、それじゃあ治まらないっ。 家畜ごときが生意気なっ。


 アポロニアスの翅を持って人間狩りと称し 遊びに出た堕天使達の唯一のガキは戯れに人間の殺戮を始めた。
 悪意の無い行為に、ことの善悪を訓えんとするアポロはガキへのおしおきとして平手をお見舞いする。
 ぶっ飛ばされたガキは、長年かけて完成した捕獲システムに収容され、 そして、まだ幼いにも関わらず被験体として研究所に送られる。
 研究所でのガキの苦しみや恐怖はそう長くは続かなかった。 そこで彼は実験が始まった直後に死に絶えたのだった。
 それにより、今までただの家畜扱いであった人間達は、 哀しみに打ちひしがれる(?)堕天使達の怒りのやり場となった。



 悪意の有無とかよりも、どちらかといえば、 「窮鼠猫を噛む」をガキに教えなかった大人達にも責任があるのではなかろうか。

 ところで、折角初めて手に入れた堕天使をなんでそう易々と死なせてしまったのかわからない。 まあ、そりゃ、ぐちょんぐちょんになるまで実験されるのは堕天使に取っては最悪だから、 どうせ死ぬならそっちの方がマシだろうけど。
 というか、ガキが捕まった時点で、堕天使達はなんで助けに行かなかったのだろうか…。



スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
創聖のアクエリオン#20「天翅の翅音」感想 最近、19話があったと言うこと事態忘れたいと思っている全国のアクエリオンファンの皆様さっそく感想ゴーアクエリオン!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。