上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Lだっ! デスノのLがチャリ乗って美容院の前を横切ってったっ! 目の錯覚ですか?


 それはさて置き、ミスリルに身柄を拘束された元情報部員ブルーノは 拷問によりスパイとして何処と契約を結んだのかを吐く。 しかし、彼のそいつらに関する情報は殆ど皆無で、 呼称が「アバルガムからの使い」としか明らかにならなかった。
 それはテロリストグループで、そこでは姉妹がASを盗んで脱走。 マス中のオッサン大激怒するが、姉妹がミスリルを殺しに行くと知って今度は逆に大喜び。
 一方、任務から戻ってきた宗介はその日、テストを受けた後、 いつも通りのゴタゴタが起こる平和な(?)日を送ったかに見えた。 んが、千鳥は宗介の最近の行き過ぎる警戒心に 自分が再び狙われているのではないかと察して、宗介に尋ねる。 彼はその通りであり、更に、護衛は自分以外にもうひとりいると伝える。
 ただ、素性を明かさないその人物に、宗介は不安があるようで、 それを感じてか否か、彼女は宗介だけは信頼すると身の安全を任せることにした。
 しかし、その夜、宗介はミスリルよりメールを受け取り、 皮肉にも、そこに彼の護衛任務解約命令が述べられていた。 さらに、今後千鳥との接触を禁じるとある。
 急に突き付けられたその命令にいわれのない怒りを感じ 彼は目前のノートブックパソコンを殴りつけたのだった。



 折角、絆が強まって来ている時に、切り離す。 全くもってしょうがないですな。 けれど、両方特別な人材であるアーバレストの操縦者である宗介とウィスパードである彼女との 接点を絶つのは困難ではないだろか。 関係ないかな。

 テロリスト側のあの姉妹、彼女達の行動はどういう事柄が原動力と成っているのでしょうか。 『先生』だけではいまいちわからない。 それが分かるのはまだ先ですか。

 ところで、散髪したはずなのに、宗介の髪は鬱陶しいままで全然変わってなかった。 残念です。 誰か何とかしてください。



スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
フルメタル・パニック!TSR Scene06「エッジ・オブ・ヘヴン」  今回は、グリグリと動くアクション関係の描写はほとんどなく、マシン自体も敵ASがちょこっと映るのみ。逆に、繊細な動きに存分なこだわりを注いだ人物の心理描写と、静寂な場の雰囲気作りに力点が置かれ、とりわけ宗介とかなめの絶妙な距離感の表現に焦点を絞った傑作でし
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。