上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 イルコミュニケーションは、発掘屋と息子、レントンとエウレカ、ホランドとレントン、 の三つか? メインは発掘屋か。

 あらすじスキップ。

 う~ん、発掘屋のじいさんは「すごいよ、親父」って息子に尊敬して貰いたかったんだろか。
 おそらく昔は息子も夢を追うじいさんを尊敬していたのかもしれない。 それを取り戻したかったんだろうか。
 発掘屋としての夢を諦め、現実を見ているだろう息子に対し 夢を追うことが大切だと教えたかったんだろか。
 本当はそれの為に発掘屋を続けていたのだろうか。

 それならなんで、夢を掘り当てる為に新しく掘り続けることをしなかったんだろう。
 歳だからだろうか。 それとも、 死んでゆくLFOを見て、あの発掘現場は 何処を掘ってもそこに希望がないと確信があったんだろうか。
 いや、きっと確信はなかったんだろう。 けれど、自分自身も諦めていたのかもしれない。

 夢を追う頑固じいさんに自分はまだ帰れないと言ったレントン。
 彼は自分のじいさんを彷彿させるそのじいさんに出会い、 そこに同じく夢を追って家を出た自分を重ねたんだろうか。
 それだけに、LFOを盗んでまでも息子に見せにいくじいさんに 起こりうる自分の末路を見たのだろうか、とにかく、何かしらのショックを受けて、 折角エウレカと仲直りできるチャンスをフイにしたレントンは、 エウレカとの関係を悪化させた。

 ホランドがレントンにあたるのは何故だろう。 タルホがいった「レントンから逃げる」とはなんのことだろう。 何かしらの罪の意識を覆い隠そうとしているのだろうか。 何故そんなことが言えるかって…なんかレントンを見るたびに 責められているような気がして「悪いのは俺じゃない」って感じあんじゃん。


 駄目だ、メチャクチャ。 つか、凹んだ。




スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
Ill Communication 力がないのが悔しかった・・・!ってあんたそれ、運命だから!今日もドギー兄さんは少し喋って絶好調です!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。