上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
変り果てた愛しい人を腕に、護るからっ、そう声にした少年に、 アミダドライブが光り、ニルバーシュが応える。 そして、再びあのセブンスウェル現象が発生した。

ちなみに、書き直し、です。

体調は悪くなる一方のエウレカ。 先週からどうも人間不信に陥ったか、レントン少年。
二人の不仲は引き続く。
そうこうしている内に、エウレカはニルバーシュに乗り込み、 レントンが装着したアミダドライブを抜いてしまった。
そのニルバーシュが勝手に連れて行ったのが遺跡の奥深く。 そこに辿り着くとエウレカは洞窟の壁に吸い込まれてしまった。
ニルバーシュの発進に気付き、後を追って来たレントンは それを見て彼女を壁から引き出すも、その姿はもう人と呼ぶには変わり果てていた。
アミダドライブを装着したニルバーシュに戻り、 彼女を抱きしめるレントンは、護るからっ、という強い想いで、再び、セブンスウェル現象を起こした。

一方、月光号は軍に囲まれ、トラパーもない状況で絶体絶命。
しかし、地中深くから、異常なまでのトラパーが発生し、 その波を利用して脱出可能となった。


どうやら、エウレカのあの姿はアゲハ構想の一環として 起こるべくして起こったのだろうと ブログ廻りをして分かりました。

だとすれば、レントンのエウレカ離れは物語が進む上で 必須だったのだろうか。 エウレカと四六時中一緒だったら、 彼女は一人そこへと行くことはなかっただろうし。

そういえば、エウレカを遺跡奥深くへ連れて行ったのは、 アミダドライブが抜かれたニルバーシュ。
レントンのエウレカを護りたい気持ちに反応するのが アミダドライブ付きニルバーシュ。
もしかして、この二つは別物なのかもしれない。

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
Acperience2 ドギー兄さんのでないエウレカなんて印籠のない水戸黄門のようだ。それでもエウレカのストーリーは進むわけで。兄さんの存在価値について真剣に考える今日この頃です、姉さん。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。