上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
堕天翅の翅を移植され人を超えてしまったグレンひとりの操縦する軍用強化型アクエリオン。 右腕に片方の翅を持つシリウスの搭乗するケルビムマーズ。 おそらく同等の力を有した二機の戦いは一進一退を繰り返す好勝負。 ここら辺は格好よかったんだけど、グレンはもうどーなるの? グレン好きなのに、あんなエライことんなっちゃって…不幸だわ。

アクエリオンマーズ一体となったシリウスは 左腕に翅を持つシルビアを堕天翅の同胞として誘う。 それに答えるのか、彼女は合体を解かれた強化型アクエリオンのオメガ機にテレポート。 シリウスの乗るマーズへと向かう。 それを止めんとアポロは麗華と共にオメガに乗る シルビアと強制的に緊急合体、アクエリオンエンジェル登場。
ちなみに、シリウスがシルビアの説得を試みている間、グレンは何やってたんだろう… ただ空を飛んでいただけなのだろうか。

それはともかく、翅がなくても夢は掴めるとシルビアに説得するアポロ。 はたして、シルビアの右手は シリウスと一対になる為に彼の左手を取るのではなく、「人と、大切な人と繋ぐ為に」とアポロの手を取った。
驚いたっ、私はここでシルビアは何気にアポロに告ったのかと思ったよ。 「大切な人」って人類総称だったのね。

最愛の妹に裏切られ傷ついたシリウスはシルビア達アクエリオンに向かって 新たにケルビムと合体をし攻撃を仕掛けてくる。 戦うためではなく分かり合うために 戦いに挑むシルビア。 新必殺技「哀・天使剣」でケルビムマーズを倒しシリウスを追い返した。

堕天翅たちの元へ戻ったシリウス。 トーマとの会話ではシルビアの勧誘をまだ諦めてはいない様子だった。


ところで、シリウスとシルビアがアポロニアスの子孫だとしても、アポロはアポロニアスの生まれかわりだよね。 けど、つか、段々、自信なくなってきた。 でも、最初の方、翼が見えたり見えなかったりしてたし、 性格が変わったりしてたし、大丈夫だよね。


スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
創聖のアクエリオン・第23話 「翼、儚く」 シリウスとの戦いの最中、堕天翅の翅を移植されたグレンに戸惑うDEA
夢×儚×哀天翅◆創聖のアクエリオン#23◆ かなり熱いバトル展開でした。強硬型アクエリオンVS半アクエリオン一世一代の大バトルでした。
創聖のアクエリオン#23「翼、儚く」感想 最近、電波ポエムを見つけてしまった全国のアクエリオンファンの皆様、さっそく感想はくるくる回る、くるくるくるくる、くるくるくー!
創聖のアクエリオン 第23話「夢、儚く」 今回は、創聖のアクエリオン #23「夢、儚く」です。シリウスVS強攻型アクエリオンそして、シルヴィアの選択‥堕天翅と化したシリウスは、シルヴィアに人類の罪を見せ再度、堕天翅族のもとへ導こうとする!今回の見所は、『シルヴィアの苦悩と選択』です!!強....
創聖のアクエリオン 第23話「翼、儚く」感想  おーっ、今週のアクエリオンは面白かった!  色々合体したし、戦闘シーンそそったよ(イヤ、戦争は良くないですよ)。 予告で遊んでた超合金ほしー!!
創聖のアクエリオン ♯23話 【翼、儚く】 ━━━前回までのあらすじ的なもの━━━自分ヒトリだけハーフ堕天翅は寂しいので、突然「最愛の妹よ!」とか叫ぶお兄ちゃん。そこに【空気・オブ・ジ・イヤー】ことグレン登場w【強行型アクエリオーン!!】なんだよ、カッコイイじゃないですか。畜生。火器を積みま...
アクエリオン23話感想  これが16話くらいでシリウスの裏切り展開(誰もが予想していたとはいえ)にもっと納得できていれば、大いに盛り上がったに違いない今回のアクエリオン。 久々になんか司令が輝いてたように思います。冒頭のアポロへの漢字抗議や人としてディーヴァの司令としてのスタ....
創聖のアクエリオン 第23話 「翼、儚く」  デスティニープランを真っ向から全否定。さすが不動指令、無駄な熱さは健在です。 続き→ 
創聖のアクエリオン 第23話 「翼、儚く」 先週の続きから。亜種エリオンVS亜種エリオンかつての友シリウスとグレンのバトル。最近は新必殺技よりも新たな亜種エリオン登場に期待してたりします。
アクエリオンとか(23話 初っ端から不動指令の滝打たれ講座…ではなく、 滝壺でどうやって書いたのか全く分からないが「夢」の文字をアポロに見せる 『「夢」とは~』と語る指令 そして「夢」に「人」が足されると、「儚」(はかない)になるのだ! ああ、なるほどー!とそこでまず最初口が開いた こ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。