上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それは終わりの始まり。 地球上あらゆる所で雪の様な神話獣がアトランディアから舞い降りる。

これは決戦となろうか、最後の時を大切な人と過ごすディーヴァの面々。
アポロとシルビアも(偶然)その時を分ち合うのだが、 口づけをする直前にシルビアが忽然と消えてしまう。 シリウスが彼女を連れ去った様だ。 おあずけ食らったアポロ。

時ほぼ同じくして、ディーヴァの最終結界が破られ、 降り注ぐ神話獣にディーヴァにも犠牲者が次々と出始める。

ソフィアは不動不在にて指令代理を務めるジェロームに指示を仰ぐ。 彼によると、軍が殲滅部隊を出すらしい。 それに従うべきディーヴァだが、 そんなことをしたらシルビアはどうなる? だから… 「ディーヴァは独自に動くっ」と、ジェローム。 え゛? カッコイイじゃないの。

指示によりアクエリオンに搭乗する、アポロ、麗華、つぐみ。
「好きって気持ちに限界なんてないからっ」 と、ヘッドに座したつぐみ。 ハートの形した爆愛無限光で アクエリオンがついにアトランディアへと続く亜空間ゲートを開けた。

そこへ、軍の強攻型アクエリオンのベクターがおいしい所取りで さくさくゲートを通り過ぎて行く。 なんなんだよ、お前等っ。

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
創聖のアクエリオン・第24話 「天空のゲート」 兄の裏切りをまだ吹っ切れないシルヴィア。そんなところへと、天空
創聖のアクエリオン 第24話 天空のゲート 以下
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。