上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回、千鳥護衛解任に不満な宗介は テレサと掛け合おうとして彼女に泣かれるし、 新しいリーダーにはけちょんけちょんに打ちのめされるし、 中々辛い現状にいる我等がヒーローの宗介でした。


宗介が千鳥から離れたくなかったのは周知ですが、 テレサも彼等を引き離したくはなかったのは明らか。 しかし、宗介の護衛任務解約はどうにも避けられない事で、 そして、それに関してテレサは自分が至らなかったことで、 申し訳ないという罪悪感故に涙したのかなぁ、等と想像します。

ところで、雑魚じゃないニューキャラ登場。 SRTに新たに配属となったクルーゾー中尉。 彼は今は亡き前任者、ゲイル・マッカラン大尉のコールサインであったウルズ1、 つまり、チームリーダー役を受継ぐ者。

クルーゾー中尉はマッカラン大尉と戦友であったことを隠し、SRTの技量を測るため、 敢えて彼の名を汚すようなことを言い、クルツと宗介の気持ちを逆撫でする。

それにより、怒りを拳で表したは上司思いのクルツくん。 けれど易々とやられてしまう。 そして、拳を交えはしないが、 亡き上司を侮辱したことを取り消せと宗介が文句を言ったことが切欠で、 マッカラン中尉とM9でやり合うこととなる。

結果は中尉がラムダドライブを発動することもなく 赤子の手をひねるが如く宗介をやっつけてしまう。
中尉は宗介に「アーバレストを嫌悪している」ことで 迷いや焦りが生じ、それ故に乗りこなせてないのだと指摘。 好きこそ物の上手なり、というやつですか。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
フルメタル・パニック!TSR Scene08「ジャングル・グルーブ」 テ「はっきり言ったらどうなんですか! 『オレはあの子と一緒にいたい!  ジャマをするな』って!  …そう言ってくれた方が、ずっと楽です…」 ふんぬごああああああああああああ!!!!!!←滝漏れ中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。